日本将棋連盟、女流棋士・女性奨励会員の棋戦参加で新規定を発表 “女性棋士”誕生でも女流棋戦参加可能に

AbemaTIMES

2019/8/7 16:30



 日本将棋連盟は8月7日、女性棋士が誕生した際、いわゆる「男性棋戦」と「女流棋戦」の両方に出場ができるとした規定を発表した。発表された内容は以下のとおりだ。

1.女流棋士がプロ棋士編入試験に合格した場合、女流棋戦、及びプロ棋士公式棋戦の両方に出場することが出来る。

2.奨励会に所属している女性が四段に昇段をした場合、女流棋士申請を行うことが出来る。ただし、申請期間は昇段日から2週間以内とする

現在の将棋界において、「プロ棋士」と呼ばれる者は、そのほとんどが育成機関である奨励会出身。奨励会内で勝ち上がり、三段リーグで好成績を収めると四段昇段、晴れてプロ入りを果たすことになっている。ここには男女を分けるものはないが、過去には女性のプロ棋士は1人も生まれていない。

最近では、一度は奨励会を年齢制限のために退会した里見香奈女流五冠(27)が、棋士編入試験の受験資格の獲得(直近で10勝以上、勝率6割5部以上)に迫っており、西山朋佳女王(24)も奨励会では三段リーグに参加している。今回発表された規定により、初の「女性プロ棋士」が誕生した場合でも、その後は「男性棋戦「女流棋戦」の両方に出場できることが明確になった。

(C)AbemaTV

当記事はAbemaTIMESの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ