開幕間近『人形の家 Part2』稽古場風景写真届く~永作博美 vs 山崎一、那須凜、梅沢昌代の言葉のタイマン勝負

SPICE

2019/8/7 16:45



ルーカス・ナスの戯曲『人形の家 Part2』が2019年8月9日より紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYAで上演される(9月1日迄)。この作品は、イプセンの『人形の家』の続編として新たに創作されたもの。ブロードウェイ初演は2017年、トニー賞8部門にノミネーションされ、最優秀主演女優賞( ローリー・メトカーフ)を受賞した。このほど、劇場入り目前の濃密で熱い稽古の様子が届いた。

本作の演出を務めるのは、「第26回読売演劇大賞」大賞及び最優秀演出家賞に輝いた栗山民也。稽古場では稽古用照明の中、栗山が緻密に演出をつけている最中。

主人公ノラ役は栗山民也演出の「頭痛肩こり樋口一葉」以来、3年振りの舞台出演となる永作博美。相手役には夫・トルヴァルを近年自ら作演出など意欲的な舞台活動が評価される山崎一。乳母アンネ・マリーには、近年の栗山演出作品への出演も多い梅沢昌代、娘役には、青年座劇場ラスト公演「砂塵のニケ」のヒロインを見事に演じた期待の若手女優、那須凜といった実力派キャストを配し、永作の演じるノラを会話でとことん追い詰める稽古を繰り広げていた。そこに張りつめていた空気に、本番への期待感がますます高まる。

本作は二人芝居が連続する斬新な構成も見どころだ。各シーンともサスペンスタッチのセリフの応酬に、『人形の家』を知っている人も知らない人も引き込まれること必至だろう。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ