働き方改革は効果あり!? 2年前に比べ有給休暇が取りやすく変化

OVO

2019/8/7 16:00



BIGLOBEは、2017年に続き「働き方に関する意識調査2019」を実施した。この調査は、スマホを所有する全国の20代~50代の男女1,000人を対象にアンケート形式で行い、それぞれの年代カテゴリは250人ずつ、性別カテゴリは125人ずつ抽出している。今回の発表は、その第1弾!

まず、働き方改革以降、「有給休暇を取得できている」か聞いたところ、「とてもそう思う」(21.1%)、「ややそう思う」(32.7%)、「あまりそう思わない」(25%)、「全くそう思わない」(17.3%)となり、取得できていると感じる人が53.8%に達した。2017年の同じアンケート調査結果では45.8%だったので、働き方改革を通じて約1割上昇している。

また、「有給休暇を取得できない(しづらい)理由」を質問したところ、「自分が休むと同僚が多く働くことになるから」が29.6%で最も多く、続いて「職場に休める空気がないから」が24.8%となった。2017年の同アンケート調査結果で最多だった「職場に休める空気がないから」(33.6%)が2位(24.8%)にダウンし、職場の休みづらい空気は若干改善している様子。働き改革は効果が出ているのかもしれない。

他方、「有給取得日に何をしているか」を質問したところ、「国内旅行」が50.1%でトップとなり、以下、「時間に追われずのんびり過ごす」(35.7%)、「睡眠」(20.3%)と続いた。

当記事はOVOの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ