些細なことで、夫のことが生理的に無理になりました。どうすれば…|性活相談

女子SPA!

2019/8/7 15:47

【AV男優・森林原人の性活相談 第153回】

経験人数9,000人、出演本数10,000本以上、下は18歳から上は69歳まで、性別の垣根を越えてさまざまなエッチを経験するAV男優・森林原人が、女性の性に関するお悩みに答えます。

◆道にツバを吐く旦那を見てしまい、なんかムリになってしまいました

相談者:ツバ子・既婚・32歳

共働きの夫婦です。金曜日はお互い別々の友人と飲んだり、1人映画を楽しんだり、フランクな結婚生活を楽しんでいるのですが、先日ちょっと信じられない光景を目にしてしまいました。

飲み会の帰りに家の近所で夫の後ろ姿を見つけ、声をかけようと思ったそのとき「ンッフォッ、ペッッッッ」とツバを道に吐き捨てたのです。

どうか見間違いであってくれと思ったのですが、こっそり後をつけて、吐きたてほやほやのツバと、鍵を開けて我が家に入っていく彼の姿を見届けてしまいました。

もう旦那の顔を見ても「ツバ吐きおじさん」という単語しか浮かびません。「え、きも」という気持ちしか湧いてきません。旦那への愛がしぼんでしまった感じです。

こんな些細なことで旦那のことが生理的にムリになってしまう私っておかしいのでしょうか…

◆森林の回答

酷な話をします。そもそも、ツバ子さんが旦那さんに抱いていたのは、愛ではなかったのです。無意識のうちに相手に抱いていた幻想によって作った男性を好きになっていたのです。

仕事柄、多くの人から好きになったり愛されたりする人を間近で見てきました。本当は結構性格がきつくて口調もズバズバしたものなのに、ファンの方からは見た目通りのウブで純粋な女の子だと思われている女優さん。

優柔不断なだけなのに、それが誰に対しても真摯に向き合う優しい人柄だと思われている男優さん。彼女や彼らが意図してそのように振る舞っていたのかは分かりませんが、好きになっている側の人には見えてない部分が多くあるというのは確信しています。

そうなんです、恋の大半は思い込みで成り立っています。自分から見えている部分を自分の都合の良いように捉え、見えてない部分は自分の理想に近い形で幻想で作り上げていく。

一目惚れがその最たる例で、見た目だけでどんな中身の人かもわからないのに好きになっていくのは、幻想の賜物です。一緒にいない時に思いが募り、どんどん現実から乖離した幻想を抱いていくのが恋の正体です。

だから、恋愛結婚をして生活を共にしていく中で、今まで知らなかった姿を見て「幻滅した」と言う人が多いわけです。ツバ子さんにとっての、旦那さんツバ吐き事件はまさにそれです。ツバ子さんは、今まで気がつかなかった姿を見て驚いたという点でごくごく普通です。

◆生理的に無理になった相手との付き合い方

今まで気がつかなかった一面でさらに好きになっていければいいですが、生理的にもうムリとなった場合はどうすればいいでしょうか? ただ付き合っているだけなら、別れるという選択が最善だと思いますが、結婚し生活を共にしている場合はそう簡単ではありません。

将来の約束をしていたり、生活基盤を頼っていたり、周囲の人も深く関与した関係だったりすると、生理的好みで別れるのは自分のわがままな気がしてしまいます。だから、ムリとなっても、自分の生理的判断をなかったことにして我慢して生活をしていくか、自分の生理的判断が変化するよう慣れていくか、受け入れられない相手の言動を改善してもらうか、のいずれかの選択をすることが多いです。

ツバ子さんの選択は決まっていますか?

僕が強く伝えたいのは、ご自身の生理的判断は直感と呼ばれるもので、そこに目をつぶり続ける事は無理だから、なかったことにしようと自己犠牲心を発揮しすぎないでねということです。嫌なものは嫌、理屈じゃなくそれでいいのです。むしろ、長く一緒に暮らしていく2人にとっては、好きなことが一緒より嫌なことの価値観が一致していることが重要ですから、相手に変えてもらいましょう。

◆旦那さんはまだ改善の余地あり

唾を吐く男性心理ですが、最初は威嚇するためだったり、格好つけるため、もしくは、身近にいる大人の真似をしたくて始めます。それを繰り返ししていると、その動作が自動化・効率化して無意識の領域に落とし込まれていきます。キャベツの千切りや、車の運転は、自動化・効率化されるとうまくなります。

(人間を氷山に例え、水面下の見えてない部分の方が大きく、さらにその大半は無意識の領域だから本人でもわかっていない)

旦那さんのツバ吐きは、無意識の領域の浅いところにあると思われます。と言うのは、ツバ子さんの前ではそういったことをしていないので、誰もいないところだけでか、ツバ子さんの見ていないところでする行為だと意識が働いているからです。

なので、ツバ子さんから、「私が見ていないところでも唾を吐くことをやめてほしい」と伝えれば、改善する可能性が大いにあります。ペットのトイレトレーニングと同様に考え、根気強く繰り返し注意したり、口に溜まった唾を受け取るティッシュを持ち歩く等の協力姿勢を見せてあげて下さい。

◆幻想は必ず崩れるけど、その先にあるものは…

生理的判断を大切にしてくださいねと言っておきながらなんですが、唾吐きなんて序の口だと思います。これからどんどん幻想が崩れていきます。でも、どれだけ確信を持って好きになった相手でも、時間とともに幻想が崩れます。よくも悪くも、そこを乗り越えた先が愛なんだと僕は思っています。そして、そこを乗り越えていくのに必要なのが、自他の自立と尊重、相手への思いやりです。

僕が自分に言い聞かせている《人との接し方の心がけ》の一つに、「大事な人には、かっこつけずに本音で接する」というものがあります。そのように接してもお互いを大事に思える2人になれるといいなと幻想を抱いています。

<文/森林原人>

【性活相談者を募集!】

森林原人さんに悩みを相談したい方は、こちらのお問い合わせフォーム(https://joshi-spa.jp/inquiry)まで、お名前はハンドルネームまたは匿名希望、題名の冒頭に【性活相談】を入れ、お送りください。

※相談内容の一部を変えて取り上げさせていただく場合がございます。

【森林原人】

1979年生まれ。1999年にAV男優デビュー。出演本数1万本。経験人数9千人。セックスの虜になり道を踏み外したと思われているが、本人は生きる道を見つけられたとむしろ感謝している。著書に「イケるSEX」(扶桑社)他。性と向き合い、性を知り、性を楽しむためのサイト「リビドーリブ」とオンラインサロン「森林公園」を運営。★Twitter(@AVmoribayashi)

当記事は女子SPA!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ