山里亮太、傷心中の大西ライオンに痛烈イジり 「テレビ消しました」

しらべぇ

2019/8/7 16:00




7日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)に、映画『ライオン・キング』において、日本語吹き替え版の声優に抜擢された俳優・賀来賢人と、ミキ・亜生が出演。

同作の劇団四季ミュージカルのモノマネで知られる「大西ライオン」ではなく亜生が抜擢されたことに、「天の声」や加藤浩次が鋭いツッコミを入れた。

■亜生「めちゃめちゃ怒ってました」


ティモン役に亜生が大抜擢されたことに、加藤は「亜生くんがやるんだもんね」と後輩の活躍を讃えつつ、「大西ライオン怒ってるだろうね」とツッコミ。

亜生によると、大西は「めちゃめちゃ怒ってはりました」「『俺じゃないのか!』言うてはりました」といった様子で、このときばかりは「心配ないさ~!」とも言わなかったのだそう。

映画の紹介に移ると、天の声は「さ、今きっと大西ライオンがテレビを消しました」と痛烈にイジり倒し、笑いを誘った。


関連記事:浜田雅功、オタク趣味の男性に「キモい」とバッサリ アニメファン激怒で非難殺到

■天の声のツッコミに「天才!」


大西のリアクションが目に浮かんでしまうだけに、視聴者からは「天才!」「さすが」など天の声の絶妙なツッコミに感嘆の声があがっている。









中には、同作の名シーンを「大西ライオンでしか見たことがない」という人も。

■好きなことは仕事にしないほうがいい?


今回、惜しくも声優に抜擢されることは叶わなかった大西だが、一方で「好きなことだからこそ、仕事にしないほうがいい」という考え方もできるのではないだろうか。

ちなみに、しらべぇ編集部が全国の20代~60代の男女1,344名を対象に実施した調査では、全体で26.0%の人が「好きなことは仕事にしないほうがいいと思う」と回答している。



賀来と亜生が声優を務める映画『ライオン・キング』は、8月9日金曜日より全国公開される。大西のモノマネしか見たことがないという人も、この機会にぜひ名作を堪能してみてはいかがだろうか。

・合わせて読みたい→SKE須田亜香里、お風呂ショットにファン衝撃 「ガチで裸ですか?」

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年12月15日~2017年12月18日
対象:全国20代~60代の男女1,344名 (有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ