平沢進、ソロデビュー30周年記念で名盤『救済の技法』から2曲をアナログ盤リリース

OKMusic

2019/8/7 14:00

2019年でP-MODEL結成から40年、ソロデビューから30年を迎え、フジロックでのパフォーマンスも話題を呼んだ平沢進が、1998年発表のアルバム『救済の技法』より「TOWN-0 PHASE-5」と「庭師KING」をアナログ7インチでリリースすることが分かった。

20年越しにシングルカットされる今作「TOWN-0 PHASE-5/庭師KING」は、“レコードの日”である11月3日に発売。デジタルでの音楽表現の先端をひた走りながら、常にオーガニックな匂いを感じさせる平沢の作品を、デジタル・リマスタリングを施しアナログに刻んだレコードで楽しんでほしい。

シングル「TOWN-0 PHASE-5/庭師KING」(7inchアナログ盤)

2019年11月3日発売

\nCOKA-69/¥2,000+税
<収録曲>
■Side A
1. TOWN-0 PHASE-5
■Side B
1. 庭師KING

\n

当記事はOKMusicの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ