『スマホを落としただけなのに』続編、ヒロインに白石麻衣 千葉雄大の恋人に

 女優・北川景子が主演した映画『スマホを落としただけなのに』の続編で、千葉雄大が主演を務め、成田凌が出演する映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』に乃木坂46の白石麻衣が出演することが決定した。白石はミステリー映画のヒロインを初めて演じる。

【写真】『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』白石麻衣出演シーン

恋人が落としたスマホをきっかけに、やがて命を狙われることになるヒロインの恐怖と、隠された過去が暴かれるというミステリー展開が話題を呼びヒットした前作。その続編となる本作は、志駕晃の小説シリーズ第2弾『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』(宝島社文庫)を原作に、前作に続き中田秀夫監督がメガホンを取る。

長い黒髪の女性ばかりを狙った連続殺人事件が幕を閉じた前作から数か月。同じ事件現場から新たな身元不明の死体が発見される。真相を探るため刑事・加賀谷(千葉)は、かつて自分が逮捕し、現在は獄中の連続殺人鬼・浦野(成田)のもとへ。「お前が殺したのか…?」尋ねる加賀谷に対して、獄中の浦野が明かしたのは彼が師と仰ぐ「M」というダークウェブ上に存在する謎の人物の存在だった。一方、同じ頃、加賀谷の恋人・美乃里(白石)を狙う謎の男の姿が。加賀谷は、苦渋の選択として、浦野に捜査協力を依頼することを決断するが…。

主人公・加賀谷の恋人でヒロイン・美乃里役の白石は「前作が凄く素敵な作品だったので、私が参加すると決まった時には緊張と不安でいっぱいでした」と吐露。撮影については「私自身、誰にも見せたことのない、そして私自身も見たことのない表情を監督から引き出していただけたと思います」と手応えを語り、「今まで挑戦できなかった難しいシーンも盛りだくさんだったので、今から完成した映像を観るのが楽しみです」とコメントした。

中田監督は「撮影前、白石さんには『喜怒哀楽』の感情表現豊かなヒロインを一緒に作りましょう、とお願いしました。『クールビューティー』のイメージのある白石さんに、『キュートで熱い』女性像を演じてもらいたかったからです」と明かし、「『えっ!白石麻衣が、ココまでやる!?』と観客の皆さんに『ドキリ、ゾクリ、ゴクリ』としてもらえる演出を心がけました。どうぞお楽しみに!」とメッセージを寄せた。

白石のキャスティングについて、平野隆プロデューサーは「今作が成立するかどうかは、北川(景子)さんに匹敵する美しさを持つ方を見つけ出せるのかという一点にかかっていました。様々な調査を重ね導き出された答えは私が当初想定していたまさに白石麻衣さんその方でした」と語っている。

映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』は2020年全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ