のんがヒロイン役『星屑の町』、レトロかわいいティザービジュアル解禁

 女優・のんがヒロインを演じ、約6年ぶりの実写映画出演を果たす映画『星屑の町』より、ティザービジュアルが解禁となった。

【写真】レトロ衣装がかわいい! のんの姿も『星屑の町』場面写真

本作は、25年にわたり愛される人気舞台『星屑の町』シリーズの映画化。地方回りの売れないムード歌謡コーラスグループ「山田修とハローナイツ」の悲哀を描く。劇作家・演出家の水谷龍二とラサール石井、小宮孝泰が結成した「星屑の会」によって1994年に第1作『星屑の町・山田修とハローナイツ物語』が上演されたのを皮切りに、全国各地で上演されてきた。その集大成となる映画版は、映画『の・ようなもの のようなもの』の杉山泰一監督がメガホンを取り、昭和歌謡の名曲たちに乗せた、大人のための音楽娯楽映画になるという。

売れないムード歌謡コーラスグループ「山田修とハローナイツ」。メンバーは大手レコード会社の社員だった山田修(小宮)をリーダーに、天野真吾(大平サブロー)、市村敏樹(ラサール)、込山晃(渡辺哲)、青木五郎(有薗芳記)、西一夫(でんでん)。これといったヒット曲もなく、ベテラン女性歌手・キティ岩城(戸田恵子)らと地方を回りながら活動を続けている。

ある日、山田の故郷・東北の田舎町にやって来たメンバーだったが、そこには山田と遺恨を残す弟の英二(菅原大吉)が待っていた。その町に住む久間部愛(のん)は、歌手になることを夢見る田舎娘。「ハローナイツに入れて欲しい」と直訴してきた愛に酔っ払った市村が適当な返事をした事から、その気になった愛が駆けつけ、ステージ会場は大騒動に発展する。

解禁されたビジュアルは、往年の名作『雨に唄えば』や『若草の頃』を彷彿とさせるレトロなイラスト仕様。数々のキャラクターイラストを手掛ける菅原芳人の描き下ろしで、「山田修とハローナイツ」のメンバーやキティ岩城、のん扮する愛が唄う様子が描かれ、映画への期待が膨らむデザインとなっている。

映画『星屑の町』は2020年春全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ