日本初「ひつじのショーン」ミュージアムカフェが南町田に誕生

モデルプレス

2019/8/7 14:32

【女子旅プレス=2019/08/07】イギリス発クレイ・アニメーション「ひつじのショーン」の日本初となるミュージアムカフェ「ひつじのショーンビレッジ ショップ&カフェ」が、2019年11月に東京・南町田グランベリーパークにオープンする。

♥「ひつじのショーンビレッジ ショップ&カフェ」とは



世界170の国と地域で愛されている人気の作品で、新作長編「映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!」(2019年12月13日~)の公開も決定している「ひつじのショーン」をテーマにしたコンセプトカフェ。
「ひつじのショーン」の常設施設としては、3月にオープンした『ひつじのショーン ファームガーデン』に続く9店舗目となり、20~30代の大人の女性をターゲットに、初の大人向けのメニューを含むここでしか体験する事ができないメニューや、ワークショップ、イベントなどを楽しめる。

♥キャラクターに囲まれ作品世界が現実に


また、キャラクターの世界観により没入できるよう、エントランスは作中に登場する牧場主の家の外装を忠実に再現し、クレイ・アニメーションの質感やディティールにこだわった大人の雰囲気を醸しながらも、愛らしくも愉快なキャラクターの立像や人形たちがカフェスペースで出迎える。

♥開業先は南町田の新商業エリア



なお、開店計画地の南町田グランベリーパークは、田園都市線南町田駅の南側に広がる鶴間公園と、一時閉鎖中の旧グランベリーモール跡地を中心とする約22ヘクタールのエリアを再開発するまちづくりプロジェクト。

約230店舗が出店する商業施設、六本木から移転する新「スヌーピーミュージアム」新しいまちの玄関口となる駅や緑豊かな憩いの場の都市公園と一体となり、自然と賑わいの融合した新たな時間の過ごし方を提案する。(女子旅プレス/modelpress編集部)

■ひつじのショーンビレッジ ショップ&カフェ概要


場所:グランベリーパーク 中央街区(セントラルコート)
住所:東京都町田市鶴間3丁目3-1、4-1他
交通:田園都市線南町田駅直結/東名高速道路横浜町田ICから約1分

情報:東急電鉄

【Not Sponsored 記事】

当記事はモデルプレスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ