カミナリ、事務所のギャラは6:4とキッパリ 「まなぶ君が実証してる」

しらべぇ

2019/8/7 13:00




7日「鉾田の誇り2019~半(パ)カットメロン・プロジェクト」が開かれ、ゲストとしてお笑い芸人のカミナリの2人が登場。鉾田のメロンの美味しさをアピールした。

■エセ茨城弁!?


YouTubeで公開されている鉾田市メロンPR動画と同じく、メロンを意識した和服に身を包んだ「メロン侍」に扮した2人。



動画では茨城弁を話しているまなぶだが、たくみから「この人東京に染まっちゃって、エセ茨城弁を喋ってるんですよ。東京に近づくにつれて標準語になっていく。茨城関係の仕事の時は無理やり茨城弁を喋るけど…それが寒くて聞いていられない」と暴露される。

厳しい指摘に、まなぶは「『秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系)の磯山さやかさんみたいになっちゃって」と苦笑いし、「東京大好きなんで」と開き直る。


関連記事:【今が旬!】目で見てもおいしい!食べ放題も!究極のメロンスイーツ3選

■メロンみたいな芸人に


鉾田市出身、さらに実家はメロン農家のたくみは「メロンに囲まれて育っているので、人一倍食べている」と断言。相方のまなぶも、たくみの家のメロンを頻繁にもらい「半分に切って贅沢に食べていた」と振り返る。



たくみは「普通は生まれた時から今まで食べたたら飽きると思うんですが、いまだに飽きてない。そういう芸人…メロンみたいな芸人になりたい」と笑う。

■闇メロン?


身近にありすぎて、「メロンが高級品だと東京に出てきてから知った」たくみ。



事務所の先輩であるサンドウィッチマンや永野、そしてとんねるず・石橋貴明にも実家からメロンを毎年送っているそう。

すると、まなぶが「メロン、JA通してる? 闇メロン?」と言いだし、「JA通さなくても、直で売ってもいいんだよ!JAに出す分出して、他の分を全国各地のお客さんに直で売ってるから!」と詳しく説明しつつツッコむたくみ。

■「グッチ、あんなに買えるんで…」


さらに話は給料の取り分に飛び、たくみは「うちは事務所が4、芸人さんが6で、大変満足しています」とキッパリ話す。



まなぶも7日に出演した『アッコにおまかせ!』(TBS系)で全身グッチの私服を披露したことに触れ、「グッチ、あんなに買えるんで…」とニヤリ。

「グレープカンパニーは本当に良い事務所。頑張った分(お金が)きているのは、まなぶくんが実証してます。一生いますよ!」とたくみも笑い飛ばした。

・合わせて読みたい→スシローが完全にふざけた名前のメニュー『デカメロン○○シャーベット』を発売

(取材・文/しらべぇ編集部・たつき あつこ

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ