梶裕貴、宮野真守のエンターテイナーぶりを称賛 「ここまでの“おしゃべりモンスター”はいない」

テレビファン

2019/8/7 10:32


 映画『二ノ国』声優ドリームチームスペシャルイベントが6日、東京都内で行われ、宮野真守(ヨキ役)、梶裕貴(ダンパ役)、津田健次郎(ガバラス役)が登壇した。

本作は、レベルファイブの人気RPGをアニメ映画化。高校生のユウ(声・山崎賢人)たちが、現実世界(一ノ国)と、そのすぐ隣りにある魔法の世界「二ノ国」を舞台に、壮大な冒険を繰り広げる姿を描く。

映画の内容にちなみ「この中で『二ノ国』にいそうな不思議な人物は?」と尋ねられた3人。「せーの」で指差しすると、全員が宮野を選択。梶が「だってこんなにエンターテイナーな人います? なかなか『一ノ国』にここまでの“おしゃべりモンスター”はいない。もう宮野真守はファンタジーですよ」と語れば、津田も「現場でいつも楽しませてくれる」と絶賛。宮野は「まったく無自覚」とつぶやいた。

この日は、それぞれが声優デビュー時のエピソードを披露した。駆け出しの頃から梶を見てきたという宮野が「当時からきれいなエンジェルボイスだったよね」と懐かしむと、梶も「ずっとお世話になっている。現場に知り合いがいない時から宮野さんがすごく優しくイジってくださって、そこから皆さんと仲良くさせていただけた」と話した。

宮野は「僕は声優の勉強をしてこなかった人間ですが、ご縁があって。オーディションで『(この役を)絶対にやりたい』と思ったのがきっかけ。最初は海外ドラマの吹き替えでしたが、第1話は自分でも聞けたものじゃなかった。でも逆に、反省と復習をしながら学んでいく現場でしたね」と、当時の熱い思いを振り返った。

映画は23日から公開。

当記事はテレビファンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ