佐藤健『ひとよ』、実力派キャストの芝居合戦が胸打つ特報公開

 俳優の佐藤健が主演を務め、『孤狼の血』の白石和彌監督がメガホンを取る映画『ひとよ』より、特報映像が解禁され、併せてポスタービジュアルも公開された。

【写真】主演の「佐藤健」フォトギャラリー

本作は、劇作家・桑原裕子率いる劇団KAKUTAの同名の舞台作品の映画化。ある事件をきっかけに離散した一家が、15年後に再会し、絆を取り戻そうとする姿を描く。主演の佐藤のほか、きょうだい役で鈴木亮平と松岡茉優、母親役で田中裕子が共演。いずれも白石監督作品には初出演となる。脚本は高橋泉が務める。

解禁となった映像は、主人公である次男・雄二(佐藤)が母親・こはる(田中)と再会し、15年越しの想いを吐露するシーンから始まる。15年前、子どもたちの幸せを守るため、愛する夫を手にかけてしまったこはる。約束した時を経て、再会を果たすが、雄二たち三兄妹は、事件の夜にそれぞれが想い願った未来とは違う人生を歩んでいた。母親・こはるに対して雄二は「子供たちの人生がめちゃくちゃになってるとき、何しに帰ってきたんですか?」と痛烈な問いを投げかけ、⾧男・大樹(鈴木)は「俺らは間違った方ばっかいってるよ!」、末っ子・園子(松岡)は「お母さんはあの人から、私たちを助けてくれたんじゃん!」と、三者三様にそれぞれの感情が溢れ出し、すれ違う母親と子どもたちの姿が映し出されてゆく。

佐藤と田中が魅せる“静”の芝居、鈴木と松岡が想いの丈を咆哮する“動”の芝居。それぞれの強く儚い表情が印象的に映し出され、感情がぶつかり合う芝居が凝縮された、期待高まる映像となった。

ポスタービジュアルは、夜明けの埠頭でそれぞれの想いを胸に秘めながら、空を見上げた家族4人が中央に大きく描かれ、その横には予告映像のラストでも登場する「壊れた家族は、つながれますか。」というコピーが配置されたもので、エモーショナルな感情をかき立てるビジュアルとなった。

映画『ひとよ』は11月8日より全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ