佐々木蔵之介、ディーンは「常人でない美しさ」 月9初レギュラー


俳優の佐々木蔵之介が、フジテレビ系ドラマ『シャーロック』(10月スタート、毎週月曜21:00~)に出演することが7日、明らかになった。初の月9レギュラー出演となる。

名探偵・シャーロックと医師・ワトソンが難事件を解決していく古典ミステリーの傑作を、ディーン・フジオカと岩田剛典のコンビで現代の東京を舞台に映像化する同ドラマ。佐々木は、シャーロックに事件の捜査依頼をする警視庁刑事部捜査一課の警部・江藤礼二を演じる。

江藤は原作上、レストレード警部にあたるキャラクターで、ノンキャリ出身ながら比較的順調に出世してきたので自身を有能だと思い込んでいるが、サボり癖があり、あっけらかんとしていて詰めが甘く、捜査能力は決して高くないという人物。

初の月9レギュラーに、佐々木は「お声掛けいただけて、本当にうれしいです。脚本家の井上由美子さん、演出の西谷弘監督とは『白い巨塔』以来の再会です。妥協なく、常に最高を追求するお2人の現場に立ち会えると思うと、今から緊張と興奮が綯(な)い交ぜです」と語る。

また、ディーンについて「常人でない美しさと危うさを備えるディーンさんはまさに“シャーロック”です。彼を捜査に巻き込み、天才的能力を拝借するのが私の役柄です。一筋縄では済まない芝居のやり合いが楽しみです」、岩田については「第1話を拝読しましたが、一見、常識人な医師でありながら、内に秘めたる闇を持つ“ワトソン”を岩田さんが演じるのは、とても魅力的で相当に面白いと思います」と印象をコメントした。

太田大プロデューサーは「絶妙なコメディ感を出せる方として、佐々木蔵之介さん以外には考えられず、熱烈にお願いさせていただきました! 佐々木蔵之介さんに演じていただくことで、鈍感ながらも、いずれは“シャーロック”と“ワトソン”をどこか温かく見守る兄貴分のような江藤刑事が誕生すると確信しており、とても楽しみにしております」と期待を寄せている。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ