YOSHIKI、ワールドワイドな気品漂う 「王子の風格」と話題に

しらべぇ

2019/8/7 06:45


文化が根付いている欧米と違い、日本ではややなじみが薄い存在のパーティー。「パリピ」というやや皮肉気味な言葉もあるように、パーティーに良いイメージがない人も少なからずいるのかもしれない。

■高貴っぷりを発揮


X JAPANYOSHIKIは6日午後に自身のツイッターを更新。「ロンドンのバッキンガム宮殿にてチャールズ皇太子とお会いでき、光栄です」と綴り、皇太子と親しげに握手を交わしている写真をアップした。

場所が場所なだけに錚々たる来賓客がいると思われるが、YOSHIKIは至って自然体の様子。黒のタキシードに蝶ネクタイを合わせた正装で、違和感なくパーティーに溶け込んでいる。



関連記事:YOSHIKI、レディーガガとのツーショットを披露 「オーラが負けてない」とファン驚愕

■「まさに王子」と話題


画面越しにも伝わってくるYOSHIKIの高貴な姿を受け、ネット上では…

「皇太子主催のパーティーに普通に馴染んでるのがすごい」


「タキシードがこんなに似合う日本は他にいないと思う。蝶ネクタイがちょこんと見えてかわいいね(笑)」


「世界に通じる気品の持ち主だわ。さすが、おれ達のYOSHIKI」


「王子の風格漂っててすごいな。全然物怖じしてない」


など、賞賛の声が多数上がっている。

■英国繋がりで…


豪華な人脈が話題となっているYOSHIKIだが、以前にもイギリス王室との写真が話題になったことが。今年6月にロンドンでポロの試合「Royal Windsor Cup」をVIP席から観戦していたYOSHIKIは、エリザベス女王に謁見している。

すると首に巻いていたスカーフが風にあおられ、女王にかかってしまうというハプニングが発生。普段はクールなYOSHIKIも、風のいたずらを受けて思わず焦ってしまったようだ。

後日、自身のインスタグラムから謝罪の言葉を綴り、現地での様子をアップしている。



タキシードだけでなく、スカーフや蝶ネクタイといった小物にもしっかりこだわるYOSHIKI。細かなアイテムにも気を配る姿勢こそが、高貴たる所以なのかもしれない。

・合わせて読みたい→サンド・伊達、単独ライブのチケット転売に言及 「そんな価値ない」

(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ