杉野遥亮「スカム」「お前はもう普通には戻れない」一線を越えた5話

エキレビ!

2019/8/6 09:45

「草野、修羅場踏んで一線超えたな。この稼業、命かかってんだ。お前はもう普通には戻れない。だったら、なりふり構わず稼がないとな」

TBSにて7月30日(火)深夜放送のドラマ 『スカム』(MBS/TBS系)第5話。振り込め詐欺プレイヤー仲間の清宮(前野朋哉)と落ち合う予定だった誠実(まこと/杉野遥亮)を拉致したのは、山田(山中崇)だった。


結局、誠実は神部(大谷亮平)と毒川(和田正人)が裏稼業の何でも屋呼んだ・小沼(柳俊太郎)に助けられる。失態を犯した誠実を、神部は「修羅場踏んで一線超えたな」と認める。また忠誠が強くなる。

そして、誠実は「お前はもう普通には戻れない」という神部の言葉を噛み締めていく。

柳俊太郎登場。暴行現場で「すみません。山田さんのお宅ですか」
山田「お前んとこに、叩きを立てる。まあ、正確に言やあ神部を襲う」

1話では、山田に脅されたときに誠実は安易に「何でもします」と言った。しかし、今回は言わない。恩人であり憧れの神部への信頼と忠誠が、誠実を強くしていた。

誠実を助けに来た小沼を演じたのは柳俊太郎だ。

「HiGH&LOW」シリーズ(日本テレビ系)では、女性を守ることを信条としたチーム「ホワイトラスカルズ」の創設メンバー・カイトを演じ人気を高めた。また、ドラマ『モンテ・クリスト伯─華麗なる復讐─』(フジテレビ系)では、オールバックの髪型に喪服のような黒いスーツとネクタイを身につけた死神のような印象の借金取りを演じていた。

今回演じたのは「裏稼業の何でも屋・小沼」。しかし、「HiGH&LOW」シリーズや『モンテ・クリスト伯』のときのような、頬がややこけて目が据わりヒョロっとした不気味さを感じる人物としての演出はされていない。心なしか恰幅が良くなっており、パーマのおかげか頬もややふっくらとして見える。人の良さそうな笑顔を見せたように感じる一瞬もあった。

小沼「すみません。山田さんのお宅ですか」

誠実が暴行を受けている廃墟に入ってきて、間の抜けた声をかける。小沼が山田の舎弟を力でねじ伏せる場面は、山田からは見えなくてかえって怖い。

小沼「やっぱり山田さんですよねえ」
山田「ああー! 山田ですうー!」

小沼に手足を縛られた山田(傍らに、アイディンティティであるトランジスタメガホン)を車に乗せると、「それではここで」とだけ誠実に声をかける。そこに至るまでに小沼が何をしたのかは描かれない。誠実の唖然とした引きつり顔だけがそれを物語る。最初から最後までちょっと優しいお兄さんの姿のまま、彼はいなくなってしまった。

制作上の制約かそれとも演出かは定かではないが、小沼の車のナンバープレートの地名が「高多」という実在しないものになっていた。それは、車ごと山田が「存在しないもの」になることを示唆しているようでもある。そして、山田がその後どうなったかは、神部の「もういっぺん会ってお礼を言いたかった」という言葉に集約されている。


加害老人を見て自分はどっちに傾くか
神部「お前はもう普通には戻れない」

山田「もう戻れないぞ、もう戻れない」

清宮「普通に戻ればいいって思わねえの?」

誠実「普通には、もう戻れねえ。つうか、戻らねえ」

「普通に戻る」という言葉が繰り返し使われた5話。誠実を助けてくれるのは、神部や小沼など一見「普通」に見える人物たちだ。誠実や清宮のことだって、周囲の人が見ただけでは振り込め詐欺をしている悪人だと思う人はいないだろう。でも、誠実の家のベッド下には、札束がゴロゴロ入った箱が隠されている。

介護の仕事をはじめた誠実の母・幸子(西田尚美)は、派遣先の老人男性の家で理不尽に怒鳴られる。自分の横に座るよう促されたり、アダルトビデオを流されたりとセクハラも受けていた。その老人宅で、幸子は無造作に置かれた札束を見つける。来栖(福山翔大)が狙いたがっていたたんす預金だ。そしてその後、幸子は誠実の部屋でも箱に入った札束を見つけてしまう。

老人「雇われ人の分際でいちいち口答えするな! 金払ってんだよ。テキパキと片付けろ! ほらほらほら!」

幸子も誠実と同じように、金だけは持っている老人の姿を見ている。しかも、誠実とは違って仕事という逃げられない場で直接的な加害を受けていた。結果、「老害、ぶっ潰す!」というヘイト思想に傾いた誠実。幸子は、誠実がもう戻れない「普通」の側に留まる人間だ。そうならずに生きられた道を、幸子が示してくれるのか。

SNSやネットニュース記事には時折、介護の現場や職場で60歳以上の高齢者から受けたパワハラ・セクハラ被害の様子や、こどもや妊婦、障害者、外国人への暴言、暴力の報告が流れてくる。悔しい思いや怒りを感じながらも、実際には唖然としたりやんわりと注意したりすることしかできない。老人は大切にという倫理観が、被害者から抵抗する力を奪っている。

幸子や誠実が見てきたような老人たちの姿を目の当たりにしたとき、自分の気持ちや行動はどっちのどの辺りまで傾くだろう。普通側の幸子と普通を外れた誠実との間で、『スカム』はいよいよ見る側を揺さぶろうとしている。

最新話は、Netflixで配信中。

(むらたえりか)

見逃し配信:Netflix

ドラマイズム『スカム』
MBS:毎週日曜深夜0:50~
TBS:毎週火曜深夜1:28~
出演:杉野遥亮、前野朋哉、山本舞香、戸塚純貴、福山翔大、水間ロン、若林拓也、華村あすか、柳俊太郎、山中崇、和田正人、西田尚美、杉本哲太、大谷亮平、ほか
監督:小林勇貴
脚本:継田淳
原案:鈴木大介『老人喰い:高齢者を狙う詐欺の正体』(ちくま新書/筑摩書房)
制作プロダクション:ROBOT
製作:「スカム」製作委員会・MBS

MBS番組HP https://www.mbs.jp/drama-scams/
ツイッター https://twitter.com/scam_0630

当記事はエキレビ!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ