『ガンダム 鉄血のオルフェンズ』バルバトス第4形態がMG化、エイハブ・リアクターを徹底再現


アニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』より、主役機であるガンダムバルバトス第4形態が、ガンプラ「マスターグレード(MG)」シリーズに登場。「MG 1/100 ガンダムバルバトス」(4,950円/税込)として、2019年11月に発売される。

「MG 1/100 ガンダムバルバトス」では、劇中設定を考証し、内部機構のガンダム・フレームであるエイハブ・リアクターを徹底再現。シリンダーにはシルバーメッキを採用しているほか、胸部のエイハブ・リアクターには回転するギミックをMGとして初搭載している。上半身に盛り込まれた可動軸により、内部フレームとシリンダー、装甲が連動。これにより躍動感のあるポージングが演出できる。また、肩部のシリンダーは引き出す動きに追従するメカニカルな構造を再現しており、バルバトスのアグレッシブなポージングを表現可能に。膝はフレームとシリンダーが連動して可動するため、膝裏のパーツを引き出すことで可動域が拡大し、自然な立て膝も再現。待機姿勢では左右へのスイング、股関節の軸可動で、特徴的な見下ろしの待機ポーズが楽しめる。

カラーリングは、パーツ単位で施した成形色で設定色を再現。ほかにも、3種付属の差し替え式ハンドパーツ、グリップと先端がスライドできるメイス、砲身にスライド・折り畳みギミックを搭載した滑空砲など、MGならではの情報量と細部でバルバトスが再現されている。

(C)創通・サンライズ・MBS

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ