脊髄損傷でリハビリ中の滝川英治、休養中の名倉潤へメッセージ「ギリギリの精神状態でいらっしゃったと思います」

AbemaTIMES

2019/8/6 19:53

 俳優の滝川英治が5日に自身のアメブロを更新。8月1日、うつ病の治療のため約2か月間休養することを公表したお笑いトリオ・ネプチューンの名倉潤へ、自らの経験をふまえたメッセージをつづった。


滝川英治公式ブログよりスクリーンショット

滝川は2017年9月にドラマ『弱虫ペダルSeason2』(BSスカパー!)の撮影中に自転車で転倒。脊髄損傷の大けがを負い、入院生活を送りながらリハビリを行っていたが、その後退院し、現在は新居で新たな生活をスタートしている。

また、名倉は昨年6月に頚椎椎間板ヘルニアの手術を行っており、手術の経過は良好なものの「手術の侵襲」という普段の生活圏にはないストレスが要因でうつ病を発症した。

この日滝川は「ネプチューン名倉さんが休業されるニュースを見ました 4年程前にバラエティ番組でご一緒させて頂きました」と過去に共演したことを明かしたうえで、「頸椎を損傷し 頸髄にも影響を及ぶと 自律神経が乱れ 頭痛、めまい、起立性低血圧といった身体症状」だけではなく、「情緒不安定、イライラ感、うつな気分、物事をネガティブに考えたりと精神的な症状まで引き起こします」と心の不調まで引き起こすと説明。

「僕は、そんな時はとにかく深呼吸をして頭の中を空っぽにして感情をフラットにすることを心掛けてます」と向き合い方を明かしながら、「本当にお忙しい中、ギリギリの精神状態でいらっしゃったと思います ストレスが一番良くないだろうからゆっくり静養して頂きたいです」と休養中の名倉へエールを送った。

この投稿に読者からは「体調が悪い時、ご本人にしかわからない辛さは、山ほどありますよね」「我が身の闘病を重ねて、またがんばろうって思いました」「すごく参考になりました 深呼吸して、平常心を取り戻すこと大切ですね」などの声が寄せられている。

当記事はAbemaTIMESの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ