【ガチ結果】「ポケモンGOフェスタ横浜」で何匹の色違いポケモンが捕れたのか発表する



やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! いやー、暑かった!! 本ッ当に暑かった! なんとか熱中症にならずに済んだけど、2019年8月6日に開催された『ポケモンGOフェスタ横浜』の初日は大げさじゃなく地獄のような暑さだったよ!

それはさておき、以前の記事で今年の『ポケモンGOフェスタ横浜』は色違いポケモン祭りだとお伝えしたが、初日を終えたばかりのお兄さんたちは1日で何匹の色違いポケモンをゲットしたのか? みんなが1番気になるところを隠すことなくご報告するぞ!

・色違い祭りのハズが…
今回、我々ロケニューポケモンGO部は、原田たかし亀沢郁奈、そして私、P.K.サンジュンの3人で『ポケモンGOフェスタ横浜』に参加した。記事を執筆する関係でフル稼働とは行かなかったものの、3人とも12時から5時間はきっちりプレイできたことをお伝えしておく。

さて、会場は「海のエリア」「こおりのエリア」「空のエリア」に分かれており、エリアごとに出現するポケモンが異なる。3人とも基本的にはバラバラでプレイしていたが、果たして結果はいかに……!

・結果発表
というわけで、さっそく発表してしまおう!! 以下が3人が自力で捕まえた色違いポケモンDA!

亀沢 …… 8匹

原田 …… 6匹

サンジュン …… 2匹

NOォォォオオオオオオオオ!!!

こんなことは言いたくないが、メンバーの中でもっともガチな私がまさか2匹とは……! 会場で何人かのトレーナーさんに話を聞いたが、おそらく「10匹いかないくらい」が平均ではなかろうか。それなのに、2・二・に・似・Ni・ニィィイイイイイイイ!!

・確率のいたずら
これぞまさにポケモンGO版「確率のマジック」というところだが、こればっかりは仕方がない。明日以降参戦するトレーナーは「そういうこともある」と思ってイベントに臨もう。前夜にあれこれ妄想すると、心に大きな傷を負ってしまう……かもしれない。シクシク。

とはいえ、お兄さんは交換で5匹の色違いポケモンを手に入れた。言い換えれば “すなの暴力” で5匹までは何とかなるから、自力で色違いポケモンが手に入らなくても諦めずに交換相手を探してみよう。奥の手ではあるが、手ぶらで帰るよりはいいハズだ。

というわけで、メチャメチャ気合いが入っていても、上手く行くわけじゃないのがポケモンGOのおもしろいところ。これから参加されるトレーナーは気負いすぎずに全力でポケモンを捕まえまくって欲しい。いいか、いざとなったら “すなの暴力” だ。それではトレーナー諸君の健闘を祈る! シクシク。

参考リンク:ポケモンGO公式サイト
Report:P.K.サンジュン
ScreenShot:ポケモンGO (iOS)

画像をもっと見る
Related Stories

当記事はロケットニュース24の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ