「将棋日本シリーズ JTプロ公式戦」、AbemaTVで独占生中継決定 11日、三浦弘行九段 対 藤井聡太七段から決勝まで

AbemaTIMES

2019/8/6 19:01



 インターネットテレビ局のAbemaTVは、同局の将棋チャンネルにおいて、日本たばこ産業株式会社が協賛する「2019年度 将棋日本シリーズ JTプロ公式戦」を、8月11日に行われる1回戦第4局(三浦弘行九段 対 藤井聡太七段)から、決勝までの全対局を独占生中継することを8月6日、発表した。

JTプロ公式戦は、日本将棋連盟と各地区新聞社主催のもと、全国11都市で開催している国内最大規模の将棋イベント。参加者は、前年度のJT杯覇者(前回優勝者)、公式戦タイトルホルダー(竜王・名人・叡王・王位・王座・棋王・王将・棋聖)と、賞金ランキング上位者を合わせた12人。持ち時間各10分、切れたら1手30秒未満、考慮時間各5分という早指し戦だ。賞金ランキング上位で初参加となった藤井七段は、初戦でA級棋士の三浦九段と対戦。同ブロックには初戦で斎藤慎太郎王座(26)を下した羽生善治九段(48)、現在の棋界序列1位に君臨する豊島将之名人(王位、29)、さらには前年覇者の渡辺明JT杯(棋王・王将・棋聖、35)が入るなど、超激戦となっている。

決勝は11月17日。令和で初めてJT杯を手にするのはどの棋士か。

(C)AbemaTV


当記事はAbemaTIMESの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ