あーりん、HKTのライブ直後に会場騒然 男色ディーノの生尻にアイドルレスラーが“まさか”のカンチョー

AbemaTIMES

2019/8/6 18:00



(躊躇なくディーノの生ケツにカンチョーを決めた伊藤)

書店にコンビニ、キャンプ場など場所を選ばず行なわれてきたDDT名物・路上プロレスが、昨年に続き世界最大級のアイドルフェスTIF(TOKYO IDOL FESTIVAL)に進出した。

DDTはアイドルと縁が深く、“大社長”高木三四郎も大のアイドルファン。昨年までは「DDT総選挙」という企画も行なわれていた。所属選手の大石真翔もアイドルヲタクであり、かつて大社長の命令により男性アイドルユニット「NωA」としてデビューしたことも。

系列団体・東京女子プロレスには芸能界からプロレスにチャレンジしている選手が多い。東京女子でデビューしたアップアップガールズ(プロレス)は、オーディションの時点からアイドルとプロレスの二刀流を標榜している。


(試合後もタイトルは移動し続け、伊藤は坂口のスリーパーで失神)

8月2日、TIF初日のスマイルガーデン。アプガ(プロレス)のライブ直後から路上プロレスはスタートした。アイアンマンヘビーメタル級のタイトルをめぐっての変則バトルロイヤル。先輩であるアプガ(仮)の名曲『アッパーカット!』、ここ一番で披露する『負けたくない』など気合いの入ったライブを見せたアプガ(プロレス)は、元LinQ(現トキヲイキル)伊藤麻希に連続攻撃を叩き込み、夏目みさき(chuLa)のベルト奪取をアシスト。アイドルとレスラーが混在するTIF路上プロレスにおいて、アプガ(プロレス)は頼りになるレスラーぶりを見せたのだった。

アプガ(プロレス)らくの得意技「おやすみエクスプレス」には参戦したアイドルたちに加え“大鵬三世”納谷幸男(実はドルヲタ)も合流。男色ディーノは観客を捕まえてリップロックを決め、ラダーに乗って尻をむき出しに。この“地獄門”の餌食になったのは坂口征夫だった。

この時点でディーノは極小のTバックを着用していた。せめてものコンプライアンス対策と思われたが、それを伊藤が容赦なく引きはがす。路上プロレスの舞台となったスマイルガーデンでは、この日ももいろクローバーZのあーりんこと佐々木彩夏、HKT48、ハロプロの新グループBEYOOOOONDSのライブも行なわれていた。


(灼熱のスマイルガーデンで記憶に残るライブを見せたアプガ(プロレス))

その同じエリアでディーノが生ケツ。そして伊藤が雄叫びもろともカンチョーを突き刺し、ディーノは完全KOに。伊藤の指の臭いをかがされた大石も昏倒し、ハコイリムスメの我妻桃実にベルトを奪われている。

その後、インタビュースペースで我妻から伊藤が王座奪取を果たしたものの、そこに襲いかかった坂口がベルトを取り戻す怒涛の展開。いつでもどこでも、誰でも挑戦できるアイアンマン王座は、その後も移動し続けている。

結果としてゲスト参戦のアイドルが全員ベルトを巻き、昨年以上の盛り上がりとなったTIF路上プロレス。それを演出したのは“コラボの名手”とも言うべきDDTの手腕であり、伊藤やアプガ(プロレス)の成長であり、ディーノのケツであった。おそらく、TIFで人の肛門に第二関節まで指を突っ込んだアイドルは伊藤が初めてだろう。名誉か不名誉かでいえば、完全に前者である。

文・橋本宗洋

当記事はAbemaTIMESの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ