仕事で知り合った彼が気になる!連絡先をゲットする最良の方法とは?

ハウコレ

2019/8/6 22:00



出会いのチャンスは、プライベートな時間だけではありません。学校や職場など、そこでのふとしたきっかけで、気になる人ができることってあるのではないでしょうか?そこで今回は、そんな彼に連絡先を聞く絶好のタイミングをご紹介。こんなタイミングで聞けば、きっと、さりげなく彼の連絡先をGETできるはずですよ!

■ランチタイムを利用する
ランチタイムなど、休憩のタイミングが一緒になるのであれば、この時間が一番狙いやすいかもしれません。もちろん、その場の雰囲気を読むことも大切ですし、目上の人がいる場合は気をつける必要がありますが、勤務時間内で連絡先を聞いたり渡したりするチャンスを探すよりかは、ランチタイムのほうがスムーズなはず。食べ終わったあとに、さりげなく聞いてみましょう。

■プライベートな話題が盛り上がったとき
お仕事中でも、プライベートな話題が盛り上がるときってありますよね。そんな話題が出たら、連絡先を聞く絶好のチャンスです。砕けた雰囲気を読んで、「またあとで○○したいので、よかったら交換しませんか?」と言ってみてはいかがでしょう?

「○○のお店が好き」「○○に行く予定なんだ」と聞いたら、すかさず情報提供を持ちかけてみてください。これだけできっと、自然に連絡先交換に繋げられるはずですよ。

■仕事が一区切りついたタイミングで
仕事によっては、ある案件が終わって、お互いにほっと一息つくタイミングがある場合も多いはず。ここが大変だったとか、間に合ってよかったというような話をしていると、雰囲気も和やかになってきます。

お互いの気分も軽くなっているので、プライベートな話題も出しやすく、個人的な連絡先を交換するタイミングも狙いやすいはず。まだ目の前の案件がたいへんなときはここまで我慢して、このタイミングで切り出してみましょう。

■仕事には直接関係ない相談をする
仕事中には、いろんな相談をすることも多いかと思いますが、タイミングをみはからって、プライベートな相談事を持ちかけてみてはいかがでしょう?相手が快く相談に乗ってくれるなら、「またなにかあったら、相談させてもらってもいいですか?」と切り出してみてください。連絡先をGETできたら、あとで「相談のお礼」として連絡してみて。「お礼に食事でも」と誘うこともできちゃうかも。

■仕事の資料に手書きのメモを添える
先輩や上司、取引先の人だと難しいかもしれませんが、年下の男性や後輩などであれば、ちょっとしたメモに、連絡先を書いて渡すのもいいかもしれません。仕事の資料や名刺などの余白に、ちょっとしたメッセージを添えて、こっそり渡してみてはいかがでしょう?

もちろん、いきなりだと相手をびっくりさせてしまいますので、何度かプライベートな話をして、雰囲気がいいかも!と感じたときにチャレンジしてみてくださいね!

■おわりに
あくまでお仕事の場ですので、プライベートな話題を持ち出すタイミングは、しっかりと場の雰囲気を見極める必要があります。

まずは、一生懸命仕事に取り組む姿勢を見せて、信頼してもらうことからはじめていきましょう。そのうえで、相手とプライベートな話題ができるようになってきたら、連絡先を聞くチャンス。あなたもタイミングをみはからって上手に連絡先をGETしてくださいね!(織留有沙/ライター)

(ハウコレ編集部)(ササキミウ@M_Y_3733/モデル)(Yoshifumi Shimizu/カメラマン)

当記事はハウコレの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ