全英Vの渋野日向子、優勝トロフィーより「嬉しい!」 EXILE佐藤大樹からの応援ツイートに大興奮

「AIG全英女子オープン」で初の海外試合だったにもかかわらず、いきなりメジャー優勝を果たしたプロゴルファーの渋野日向子選手。日本勢海外メジャー制覇は男女を通じ42年ぶり、「全米女子プロ」を制した樋口久子さん以来の快挙だ。優勝が決まると一気にマスコミの注目が集まり、ゴルフ以外の情報もワイドショーなどで紹介されている。その中で渋野選手は、ダンサーで俳優の佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS from EXILE TRIBE)の大ファンであることが伝えられた。

試合中も常に明るい笑顔で観客を魅了し、海外メディアから“スマイル・シンデレラ”と称された渋野日向子選手。5日付けの女子世界ランキングでは、前週の46位から大きく順位を上げて14位に浮上。10位の畑岡奈紗選手に次ぐ日本勢2番手につけ、初めて東京五輪出場圏内に入ったのだ。ちなみに東京五輪でのゴルフ出場権は2020年6月30日時点での世界ランクをもとに決定され、同15位までの選手で複数選手が入った場合は各国最大4人まで、16位以下は各国2人(15位以内の有資格者含む)となる。

6日放送の『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)では優勝後、ロンドンで開かれた内輪の祝賀会の様子がVTRで紹介された。今大会でコーチを務めた青木翔氏のほか現地で応援していた渋野選手の父親や妹も参加するなか、乾杯の時に「帰りてー」と叫んだ渋野選手。イギリスに来てからおよそ10日間、優勝した喜びもさることながら、彼女は一刻も早く帰国したいとの思いのほうが強かったようだ。

そして食事がひと段落したところでスマートフォンに目をやっていた渋野選手が突然、「泣きそう」「死ぬ、死ぬ、死ぬ」と興奮し始めた。スポーツ紙の記事で彼女が自分のファンであることを知った佐藤大樹が、4日の『佐藤大樹 EXILE/FANTASTICS(taiki__official)ツイッター』で「光栄です。渋野日向子選手、ありがとうございます。全力で応援してます」とつぶやいていたからだ。

佐藤のツイートに「やばい! 無理!」「あはははっ!」と脚をバタつかせて大喜びする渋野選手。「全英女子のトロフィーとどっちが嬉しい?」と質問されるも、即座に「いま、いま、全然いま」と答える。そんな娘の横で父親は「…だそうです」と苦笑していた。

佐藤のファンからは「大樹くん今ニュースで見たよー、世界的、佐藤大樹」「なんかどんどんみんな大樹のトリコになってんね~」「いろんな人からかっこいいって言ってもらえて良かったね、すごいや大樹くん」と喜ぶ声がある一方で、「ついに大樹くんにもモテ期が来たのかな(涙)」「スポーツ選手とか勝ち目ない」「大樹くんモテ期だよどうしよう」と不安そうなコメントも見受けられた。

画像は『LPGA Tour 2019年8月5日付Instagram「Pure Joy」』『EXILE FANTASTICS 佐藤大樹 2019年7月29日付Instagram「“Dear Destiny”2019.8.21 Release #FANTASTICS」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 みやび)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ