【漫画】『松岡修造がシンデレラの世界に紛れこんだ話』がポジティブすぎて勇気づけられる人多発



仮に、仮に。もしも、もしも。実際にはあり得ない、実際には違うとわかっていても、いわゆるif(イフ)を想像することは非常に楽しい。現実逃避と言われようと、この if こそが人間のイマジネーションの源なのではなかろうか? ifがない人間など、それは動物と同じだろう。

さて、この if をテーマにした漫画は非常に多く、見方によってはほぼ全てが if と言っても過言ではない。中でもネット上で人気があるのは「転生したらシリーズ」だが、もしかしたら今回ご紹介する漫画は、今後それと並ぶ人気を博す可能性がある。ズバリ『松岡修造が〇〇の世界に紛れ込んだ話』だ!

・熱血が童話に紛れ込んだら
漫画『松岡修造がシンデレラの世界に紛れこんだ話』を公開したのは、漫画家の赤信号わたる@GoAkashin)先生である。手塚賞佳作受賞の経験を持つ先生の作品だけに、『松岡修造がシンデレラの世界に紛れこんだ話』のクオリティは異常に高い。

さて、漫画はタイトル通り、世界最高レベルのアツさを誇ることで知られる、元テニスプレイヤーの「松岡修造」さんをモチーフにした作品である。全てに対してアツくポジティブな松岡修造さんが、童話「シンデレラ」の世界に紛れ込んだらどうなってしまうのだろうか?

シンデレラといえば、主人公のシンデレラが意地悪な継母と義理の姉にいじめられながらも、魔法使いのおかげで舞踏会に参加。その舞踏会の去り際に落としてきたガラスの靴がきっかけで、王子様と結ばれるお話である。果たして松岡修造さんはどこでどう絡んでくるのか? 詳細はご自身の目でご確認いただきたい。

なお、赤信号わたる先生は早くも第2話「マッチ売りの少女篇」を予告している。どんな展開になるのか興味は尽きないが、いずれにせよ松岡修造さんがどんなおとぎ話より圧倒的に濃い世界観を持っていることだけは間違いない。

参照元:Twitter @GoAkashin
マンガ:赤信号わたる , used with permission.
執筆:P.K.サンジュン

画像をもっと見る
Related Stories

当記事はロケットニュース24の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ