古田敦也、高校球児へのアドバイスと『熱闘甲子園』で伝えたいこと


●古田が挙げた“甲子園のスター”とは
第101回全国高校野球選手権大会(「夏の甲子園」)が6日、兵庫県・甲子園球場で開幕する。そして、ABCテレビ・テレビ朝日系『熱闘甲子園』も甲子園開幕に合わせて、6日からスタートする。

同番組で2015年からキャスターを務める、プロ野球解説者の古田敦也氏。自身は強豪校ではない県立高校出身で、夏の甲子園とは縁遠い高校球児だった。しかし、そこから急成長し、プロ野球を代表する名選手に成長した要因は何だったのか。

また、そんな古田氏が高校球児へのアドバイスのほか、『熱闘甲子園』で伝えたいことなどについても語った。
○■実は甲子園に出場していない

――『熱闘甲子園』のキャスターを務めますが、実は古田さんご自身は甲子園に行ってないんですよね。

強豪校ではない県立高校で、練習時間も1時間くらいでした。甲子園には全然縁がなかったですね。兵庫県出身なので、甲子園球場自体は近くにあったのですが。兵庫県の人は「近くて遠い甲子園」とよく言うんですが、まさにそうでした。

――古田さんはどんな高校球児だったんですか。

他の高校球児と同じように、野球部の仲間とともに、ちょっとでもうまくなりたい、強くなりたいという思いを持ちながら、全力でやっていました。後にプロ野球選手になりましたが、そのときにはなれるとは一切思っていなかったので、高校野球で最後だと思って、一生懸命やっていたという感じですね。

――高校3年生の夏、古田さんの川西明峰高校は3回戦負けでした。この年、兵庫県予選を勝ち上がり、甲子園出場を決めた市立尼崎高校には、後にヤクルトでチームメイトになる池山(隆寛)さんがいました。

6年後、同じチームで野球をやることになったのですが、僕にとっては高校時代のスーパースターで、その6年の間にプロでもスターになっていました。高校時代は何の面識もなかったんですが、同じ兵庫県出身ということで、こちらは勝手に親近感を持ってましたね。

――その他に、古田さんが思う、甲子園のスターは誰ですか。

年齢が近いところでいうと、1年上の荒木大輔さんですね。いわゆる"大ちゃんフィーバー"で、ワイドショーでも取り上げられるほどの人気でした。その後に出てきたのが、僕と同い年の水野(雄仁)です。水野は2年生の夏に優勝していて、また池田高校が勝つのかなと思っていたら、PL学園に負け、そこからKK(清原和博、桑田真澄)時代が始まるというね。歴史は繰り返されるといいますか、ストーリーとしてはできすぎてますよね。

――荒木大輔さんとも、その後ヤクルトで一緒にプレーされましたね。

僕がヤクルト入ったときは、ケガでずっとリハビリしていて、1軍に来なかったので、実はあんまりしゃべったことがなかったんです。そんな荒木さんが1992年秋に1軍に上がってきて、神宮球場のマウンドに立っている姿を見たときは、「おお~! 荒木大輔や!」と思った記憶があります(笑)。

●プロ入り後の初甲子園「うれしくて走り回った」
――古田さんご自身は、甲子園に出場することは叶いませんでしたが、プロ入り後に選手として甲子園のグラウンドに立つことになりました。

やっぱりうれしかったですね。甲子園は土はもちろん、外野の芝生もすごくきれいなんです。さすが日本一の阪神園芸ですよね。練習中、うれしくて走り回りました(笑)。普段はビジターで3塁側なんですが、オールスターでは1塁側なんですよ。1塁側だと、高校球児が試合後に歩いてくる坂道を通れるんです。プロ入り後、初めての甲子園でのオールスターでは、まずそこを見に行きました。子どもの頃からずっとテレビで見ていたので、うれしくて道を3往復ぐらいしましたね(笑)。
○■情報過多だからこそ「腹をくくってガムシャラに」

――古田さんの頃の高校野球と今の高校野球とでは、野球レベルが格段に上がっていると思いますが、その要因は何だと考えますか。

すごい上がっていますよね。一番の要因はインターネットの普及など、情報を取りやすい時代になったことだと思います。栄養面やトレーニング面など、プロ野球に入ってから教えられるようなことでも、今の中高生は「プロはこんなことをやっている」と知っているので。良い意味で、早い段階で上手くなれる、体が強くなれる環境なのかなと。150キロ以上を投げる高校生投手が何人も出てきているので、こういう時代が来るとはね、という感じです。

――その一方で、古田さんは自著『うまくいかないときの心理術』にて、「情報が取りやすいがゆえに、マイナスな情報も入りやすく、諦めてしまう人もいる」と指摘し、「10代にやっておくべきことは諦めない気持ちを持つこと」と言及していました。

ダルビッシュがTwitterで返事をくれるような時代ですから、「ダルビッシュはこんなこと言ってる、うちのコーチはこう言ってる」と情報過多になりやすく、自分には何が合うのか、迷うこともあると思います。ただ、腹をくくってガムシャラにやらないと、結果的には上にはいけないんです。

僕らの頃は、良い情報は少なかったけど、たまたま出会ったものを正しいと思って「俺、いけるんちゃうか」と根拠のない自信で、バリバリやれた部分もありました。取った情報に対しては、「自分のものにするんだ」という必死な姿勢が大切かなと思います。

――古田さんは高校時代は無名でしたが、プロ野球を代表する名選手になりました。高校以降に成長できた理由としては、そういった姿勢も一因なんでしょうか。

様々な要因があるので、一概には言えませんが、僕は無名な高校出身だったから守るものがないし、自分が変化することもいとわなかったです。自分が正しいと思っていたことも、「これは間違っていたな」と受け入れることもできました。そして、後がないと思っていたので、やはりガムシャラでしたね。

そう考えると、良いことでも悪いことでも、未来というのは自分が予測した通りに誰しもいかない。だからこそ、簡単に予測してああだこうだ言うのは、ナンセンスだし、もったいないなと思いますね。

●高校野球の監督は「多分しない」理由
○■高校野球とプロ野球の違いとは

――『熱闘甲子園』のキャスターとして、伝えるうえで意識している点はありますか。

勝敗はもちろんあるんですけど、それよりも背景やストーリー、都道府県の代表としていろんな思いを背負って立っていることを伝えていきたいですね。プロ野球の場合は、生活がかかっていて違う意味でプレッシャーはありますが、「今日ダメでも明日の試合で」と取り返すチャンスがあります。でも高校野球は負けたら終わりで、「自分の野球人生も終わりかもしれない」「この仲間たちと一緒にやることも終わりかもしれない」といろんな思いを背負ってのプレーですから。そこは熱を持って伝えなければいけないと思っています。

――プレーの解説をすることもありますが、過去の放送では、カバーリングなどの見逃しがちなプレーを取り上げているのが印象的でした。

万が一のためにやっているからすごい、ということではなくて、そういったところに力を出せる人は、やっぱり周りから信頼を得ることができるんです。野球は最終的には人と人のつながりが大事で、練習が終わった後もすごく自主練をしていたり、カバーリングをしっかりしていたりする選手に対しては、チームメイトも「彼を応援しよう、彼のために頑張ろう」と思います。そういった部分は、拾ってあげたいなと意識していますね。

――『熱闘甲子園』で過去にキャスターを務められた栗山英樹さん、工藤公康さんは監督に就任されています。古田さんは監督復帰されるご予定はないのですか。

どうなるんですかね。こればっかりは僕も分からないんですよ。チャンスがあれば頑張りますので、応援しててください(笑)。

――また、最近では元プロ野球選手が高校野球の監督に就任するケースが増えています。高校野球の監督には興味はありますか。

もちろん興味自体はあります。ただ、1つの高校に入っちゃうと、そこだけにフルコミットしないといけないじゃないですか。言葉は悪いんですけど、我々のように野球界でそれなりに影響力がある人間は、もっと広くいろんな人に出会った方が刺激を与えられるし、そういう役割を担っていかないといけない。そういう意味では、1つの高校にコミットするということは多分しないと思います。
○■相次いだ強豪校の地方大会敗退も「意外とは思わなかった」

――今回の地方大会の大きなトピックスとして、大船渡高校の佐々木(朗希)選手の登板回避が挙げられるかと思います。古田さんは出演された『サンデーLIVE!!』は「監督の考えを僕は支持したい」と話されていましたが、球数制限など「ここを改善したらより良くなるのでは」という点はありますか。

ピッチャーに関して言うと、休む時間をあげないといけないので、球数制限や日程など、考える余地はあります。ただ、今年は日程が考慮されて、準決勝と決勝の間にも休養日が設けられました。最善がなにかというのはまだ分かりませんが、良い方向には進んでいるかなと思います。

――最後に今大会の展望をお聞かせください。地方大会では、昨年優勝した大阪桐蔭や、注目されていた「ビッグ4」を擁した高校が相次いで負けたりと、波乱が多かったと感じます。

いや、毎年のことといいますか、春から夏にかけて力をつけてくるチームは本当に多いので、意外とは思わなかったですね。変な話、「ビッグ4」というのも、マスコミが勝手に決めたことですし(笑)。若い選手は劇的に伸びる瞬間というのがあるので、みんなが思っていなかったニュースターが活躍するのが楽しみです。

■古田敦也1965年8月6日兵庫県生まれ。川西明峰高、立命館大、トヨタ自動車を経て、1989年ドラフト2位でヤクルトスワローズに入団。MVP2回(93年、97年)、首位打者(91年)、ベストナイン9回、ゴールデングラブ賞10回など数々のタイトルを受賞。2005年に通算2000本安打達成。2006年選手兼任監督に就任し、2007年現役引退。2015年に野球殿堂入り。現在は野球解説者として活躍。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ