買ってもらうつもりはなかったのに…流れでおねだりになってしまった出来事

fumumu

2019/8/6 10:00

お願いする女性(Khosrork/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
どうしても欲しいものがあっても、自分の貯金では手が届かないことがありますよね。そんなときは諦めるのが一番の解決法ですが、仲にはパートナーにおねだりをする人もいるようで…。

■若い女性はおねだり上手


fumumu編集部では全国10~60代の付き合っている・結婚している女性726名を対象に、パートナーにおねだりするのが上手か、調査を実施しました。

パートナーにおねだりするのが上手グラフ

「おねだりするのが上手だ」と答えた人は、全体で19.3%でした。

年代別では、若い女性ほどおねだりが上手なことがわかります。

パートナーにおねだりするのが上手年代別グラフ

fumumu取材班は女性達に、結果的におねだりになってしまった出来事について話を聞きました。


関連記事:指原莉乃、女子のムダ毛に対する男子の言葉にドン引き 「今までで一番引いた」

(1)ショッピングで悩んでいたら


「彼氏とのデートのときに、あるハイブランドのお店に入って商品を見ていたんです。どれも魅力的ですが、私の収入では買うのがむずかしい価格で…。


なんとなく私が『こんなの欲しいな…』と言ったところ、『こういうのが好きなんだね』と彼は答えていました。


その後、私の誕生日に、なんと彼はそれをプレゼントしてくれたんです。今までこんな高級なものをもらったことがなかったので驚きましたが、ありがたくいただきました」(20代・女性)

(2)テレビでおいしそうな料理が出てきて…


「テレビのグルメ番組を見ているときに、高級そうなお店が紹介されていたんです。いつも庶民的なお店で食事している私は、思わず『一度、こんなお店に行ってみたいな』と叫んでいました。


次のデートで彼氏は、『いいお店に行くから、おしゃれしてきてね』と言ってきました。ホテルのディナーを予約してくれたらしく、言ってみるもんですね」(20代・女性)


関連記事:20代女子の「ブラジャーの価格」どのくらいの値段を身につけてる?

(3)仕事で疲れているとぼやいたら


「仕事があまりにも忙しく、休みの日も心が落ち着くことがありませんでした。ストレスが溜まっていることを彼に打ち明けると、『気分転換が必要だね』と言ってくれたんです。


そして私のために旅行を計画してくれて、休みの日に行くことになりました。すべての旅費は彼持ちで悪い気持ちもありましたが、たまにはいいかと甘えることに…」(20代・女性)


たまのおねだりならいいですが、あまりに度が過ぎるとパートナーが離れてしまうかもしれませんね。

・合わせて読みたい→婚活で狙うならやっぱり玉の輿! 乗れる女子はどこが違う?

(文/fumumu編集部・ニャック)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年5月17日~2019年5月22日
対象:全国10代~60代の付き合っている・結婚している女性726名(有効回答数)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ