「アソコは何色?」Hカップの有村架純・ちとせよしのへのセクハラに怒り

まいじつ

2019/8/6 07:31


(C)TeodorLazarev / Shutterstock

女優・有村架純似の愛らしいルックスと爆乳を武器に、ちまたで「Hカップの有村架純」の異名を誇る人気グラビアアイドル・ちとせよしのが、8月3日放送の『有吉反省会』(日本テレビ系)に出演。〝芸能界の厳しさを感じたエピソード〟を話したところ、視聴者から「それはセクハラでは」と擁護と怒りの声が相次いだ。

この日、ちとせは水着姿でスタジオに入り、プロフィルを詐称していたことを番組内で反省。実際はバスト97センチ・ウエスト65センチにもかかわらず、キリが良くて売り込みやすいとの理由から、〝バスト100センチ〟を公称するよう事務所に指示されていたことを告白した。

また、トークは芸能活動全般の話題に及び、司会の有吉弘行からは「(芸能活動で)ツラいことない?」との質問が。すると、以前出演した週刊誌のインタビューで、下ネタばかり振られた揚げ句、最後に「乳首の色って何色ですか?」と卑猥な質問を向けられたことを振り返った。

笑い事では済まされないセクハラ案件?


当時のことを、「芸能界って怖い」「そのときは『お答えできないです』って返したけど、芸能界で生きていくためには面白い返しをしないとなぁって…」と謙虚に振り返ったちとせ。有吉をはじめ出演者一同から「そんなことないよ!」と同情を買った同エピソードだったが、ネット上では、

《乳首の色聞くのはセクハラだろ》
《取材のクソライター、実名公表して制裁された方がまじでいいと思うんだけど》
《ネタじゃなくて普通にセクハラ過ぎるしダメだよ。事務所も対応しようよ、、、》
《その質問セクハラで問題になるでしょ~…》
《つらいだろうけど適当にかわしなさい…》

など、記者への怒りやちとせへの同情が続出した。

佐賀の田舎から上京してまだ半年しかたっていないちとせ。本人も語っているように、芸能界や東京、大人の怖さを身にしみて感じたことだろう。

【画像】

TeodorLazarev / Shutterstock

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ