高畑充希、10月期日テレ水曜ドラマ主演 『過保護のカホコ』チーム再集結

 女優の高畑充希が主演を務めるドラマ『同期のサクラ』が、日本テレビ系にて10月から毎週水曜22時に放送されることが決まった。

【写真】鮮やかな肩出しドレス姿の「高畑充希」

本作は、過疎の離島で育ち、夢のためにはどんな障害にも自分を曲げない主人公・サクラと、彼女を見守る同期入社の仲間たちが駆け抜けた10年間を、1話で1年ずつ描いていく。遊川和彦によるオリジナル脚本で、遊川をはじめ、高畑主演で2017年7月期に放送された『過保護のカホコ』の制作チームが再集結している。

2009年春、スーパーゼネコンの最大手・花村建設。精鋭たちが集う大企業の入社式に、明らかに異彩を放つ田舎者丸出しの新入社員がいた。名前はサクラ(高畑)。彼女は「故郷の島に橋を架ける!」という夢を語ることをはばからない。しかし、新入社員研修で「どうしても自分を貫いた」ことで、会社人としての歯車が徐々に狂い出す。サクラが夢や愛する人を失い、絶望の淵に沈んだ時、彼女から夢のために自分を貫くことの素晴らしさを教わった同期たちが立ち上がる―。

高畑は自らの演じるサクラについて、「『生まれ育った離島に橋を架けたい!』という夢だけをもって、東京の大手建設会社に就職をするのですが、同期全員が何か『強い想い』を抱いて仕事をするものだと思い込んで上京してきたのに、実は全くみんな違っていて、サクラは驚き、戸惑います。でもサクラは、どんなことがあっても忖度(そんたく)しません。サクラという女性は、ひたすら変わりません。変わることのほうが簡単な環境のなかで、10年間変わらない、ひとりの姿を描きます」と説明。

その上で、「『変わっていくことが大人になること』って言われがちですが、『大人になるって何なんだろう?』『変わらないって何だろう?』『変わるって何だろう?』というのを繊細に描いていければと思っています」と話し、「私にとってもサクラは、新しい挑戦の連続になると思うので、不安も恐怖もありますが、みんなで絶対に面白い作品にしようという気持ち満々で取り組んでおります」と意気込んでいる。

ドラマ『同期のサクラ』は日本テレビ系にて10月より毎週水曜22時放送。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ