「助けてください…」 アライグマの救助に人が集まった結果に、拍手!

grape

@NewtonFireDept
2019年8月1日、アメリカのマサチューセッツ州ニュートンでアライグマの救出劇がありました。

発見されたのは、排水溝の鉄格子に頭がはまり、抜け出せなくなってしまったアライグマ。ニュートンの消防署から駆けつけた救急隊員たちは、アライグマに飲み水を与えた後、首の周りに滑りやすい液体を付けて、なんとか頭を引き抜こうとします。

通勤途中だったJohn Moore(j3moore)さんは、目撃した救助の一部をInstagramで公開。救急隊員たちの頑張りが伝わってくる写真と動画をご覧ください。

※画像上の矢印をクリックすると、ほかの写真を見ることができます。

救急隊員たちは、無事アライグマの救助に成功!

ニュートンの消防署は、公式Twitterで次のように「アライグマを自由にしてあげられた喜び」を投稿しました。

そして、次のように改めて意気込みを表明しています。

私たちは大きな市民と小さな市民のどちらも救います!
@NewtonFireDept ーより引用(和訳)投稿には、「よく助けてくれました!ありがとう!」「アライグマが可愛い。助けられて幸運ですね」「なんて明るいニュースだ」などの感想が寄せられています。

暑い中、動物管理局や地元の獣医師なども協力し、2時間以上かけて救助されたアライグマ。

きっと、人々の優しさに感謝していることでしょう。


[文・構成/grape編集部]

出典 @NewtonFireDeptj3moore

当記事はgrapeの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ