ウッドデッキのココが知りたい!費用、活用法、後悔した点は?

日刊Sumai

2019/8/4 11:50

ウッドデッキがある家って、ステキですよね。
ウッドデッキの費用や、活用方法、設置してから後悔した点など、気になることをまとめてお届け!
実際に、自宅にウッドデッキをつくった人のリアルな声を、3つご紹介します!
ウッドデッキの設置費用ってどれくらい?
ウッドデッキ
Graphs / PIXTA(ピクスタ)
ウッドデッキをつくるときの予算は、なかなかイメージしにくいもの。
広さやデザインによっても金額に幅が出ますが、ざっと30~50万円くらいを想定する人が多いのではないでしょうか。
ウッドデッキ
しかし、実際に見積もりをとってみると、100万円を超える事態に!
こちらの記事ではウッドデッキの本体代や施工費など、内訳の金額を具体的に紹介しています。
予算をオーバーしたときは、どこを変えれば費用を抑えられるか、業者さんに相談してみましょう。
エクステリア専門の業者のほかに、地元の工務店など、複数の見積もりを取って比較することもオススメです。
ウッドデッキってこんなに高いの?【後悔しない家づくり】
第2のリビング・ウッドデッキの活用法
ウッドデッキ
理想の家の条件のトップに、「バルコニーの広い家」を掲げたつむぱぱさん。
築40年以上の中古マンションをリノベーションして、バルコニーにウッドデッキテラスをつくりました。
ウッドデッキ
そこは現在、「第2のリビング」として家族全員がくつろげるスペースとなっています。
子どもの遊び場やホームパーティ、ペットの運動スペース、DIY作業場など、多機能に大活躍!
室内との繋がりも意識したことで、家全体が広々と感じられます。
必要な材料や作り方の手順も詳しく説明していますので、気になる方はぜひトライしてみてくださいね。
パパ目線のインスタで大人気!つむぱぱさんのおうちを訪問
室内にウッドデッキをつくってみた!
ウッドデッキ
ウッドデッキは外につくるもの、との先入観にとらわれず、室内に取り入れた例がこちら。
築12年の中古マンションをリノベーションして、リビングの一角にウッドデッキスペースを設けました。
当初は室内に縁側のようなスペースが欲しいと考えてつくったそうですが、住んでみると想像していた以上に便利だったのだとか。
ウッドデッキ
洗濯物をたたんだり、来客の荷物置場になったり、お昼寝に利用したりと、とても重宝しているとのこと。
珍しい室内ウッドデッキですが「○○すればよかった」という後悔した部分についても触れていますので、ぜひ参考にしてみてください!
室内にウッドデッキ!?リビングに設置してよかった我が家の理由

当記事は日刊Sumaiの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ