TWICEとIZ*ONE、韓国音楽授賞式で日本人メンバー所属グループが受賞 「K-POPは日韓を繋ぐ最高の架け橋」の声も

Genie Music(ジニーミュージック)とM2主催による新しい音楽賞『M2 X Genie Music Awards』(MGMA)の授賞式『2019 MGMA』が8月1日、韓国・ソウルのオリンピック公園KSPO DOMEで初開催された。日本人メンバーを擁するK-POPガールズグループ・TWICEや韓国日本合同のグローバルアイドルグループ・IZ*ONEも参加しており、日韓問題が悪化するなかでの受賞結果に注目したい。

TWICEは日本人メンバーのモモ、サナ、ミナを含む9人組グループだ。『2019 MGMA』には、体調不良で休養中のミナが欠席して8人で参加した。

IZ*ONEはHKT48から参加している宮脇咲良と矢吹奈子、AKB48チーム8の本田仁美を含むメンバー12人全員が参加、両グループともステージパフォーマンスを披露して会場から盛大な拍手と歓声が送られた。

『2019 MGMA』の大賞は「The Top Artist」、「The Top Music」、「M2 The Top Video」、「The Best Selling Artist」の4賞で、さらに部門賞での受賞が加わる。

防弾少年団が大賞の「The Top Artist」と「M2 The Top Video」を受賞、「The Top Music」にポール・キム『君と出会って』が選ばれるなか、TWICEが「The Best Selling Artist」を受賞した。

部門賞ではTWICEが「The Female Group」に選ばれれば、IZ*ONEも「The Performing Artist Female」と「M2 The Most Popular Artist」を受賞している。

ちなみに「The Female Group」の人気投票結果は1位がIZ*ONE(861,525票)、2位がTWICE(820,762)で、ノミネートされた全10組による総得票数のおよそ7割を1位と2位で占めた形だ。

女性グループにはRed Velvet、MAMAMOO、BLACKPINK、GFRIEND、Apinkなど強豪が多い。政治では日韓問題が悪化して日本製品の不買運動が起きたり、韓国で活動する日本人アイドルへのバッシングが起きるなか、日本人メンバーのいるTWICEとIZ*ONEが受賞したことは興味深い。

『2019 MGMA』についてツイッター上で「MGMAのizoneもtwiceもビジュアル決まってんな~~」、「大賞を含む2部門の受賞おめでとう! TWICEを観てると嫌な事忘れるし何よりも楽しい! K-POPは日韓を繋ぐ最高の架け橋 みんな綺麗で可愛くて…やばい」、「IZONEが受賞した時のTWICE姉さんたちがとても優しい眼差しでニコニコしながら見てくれてるのほっこりする」などの声があり、両グループの人気ぶりがうかがわれる。

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ