有吉弘行、”お笑い第7世代”提唱の霜降り・せいやに激怒 「俺らを排除しようと」

しらべぇ




霜降り明星や四千頭身など今をときめく若手芸人を「お笑い第7世代」と呼ぶ風潮があるが、これは霜降り・せいやが提唱者とされている。

2日深夜放送『有吉ジャポン』(TBS系)では、かねてからこの「第7世代」発言に怒りを露わにしてきた有吉弘行がせいやと対面。お互いの主張がぶつかり合う、お笑いファン注目の展開となった。

◼お笑い第7世代とは?


これまで、コント55号やドリフターズを第1世代、ダウンタウンとんねるずらが第3世代として紹介されてきたが、昨今、突然メディアやお笑いファンのあいだで分類されるようになったのが「お笑い第7世代」だ。

霜降りや四千頭身、ハナコら、現在活躍中の20~30代前半の若手芸人が第7世代であり、提唱者はせいやとされてきた。

しかし、せいや自身は「そこまで厳密なものではなくノリで言ったのが勝手に広まっただけ」とラジオなどで釈明を繰り返し、自分の思わぬところで「第7世代」という区切りができてしまったことに困惑していると明かしている。


関連記事:「妹のセーラー服を使って…」 霜降り明星・せいや、特殊な性癖明かし妹ドン引き

◼有吉の第7世代への不満


対して有吉も自身のラジオ番組『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN)内で、「無茶苦茶な括りしやがって。流行らそうと急に言いだして何なんだよ」と不満を吐露してきた。

この日、せいやに対峙した有吉は「どんどん若いやつが入ってくるのは(お笑い界が)活性化して良い」と霜降りら若手芸人の台頭を喜ぶ一方、「せいやはちょっと問題だけどね」と第7世代提唱者にチクリ。

有吉は「俺ら(上の世代)は歓迎しているのに、俺らを排除しようとする」とせいやに指摘。せいやは慌てて「違う。ゆっくり聞いて欲しい」と否定するがこれに平成ノブシコブシ・吉村崇が「第6世代が聞いてやるよ!」と噛み付いていった。

◼ファンは大満足


せいやは前述の「周囲が勝手に第7世代を取り上げて騒いでいるだけ」といった主張を繰り返し、ラジオでの有吉の怒りの発言に「有吉さんはそういうの絶対嫌い。(ラジオを聞いて)震えた」と恐怖を感じていたと明かした。

ちなみに、これまでにも各所で「第7世代」への不満を明かしてきた有吉をファンは楽しんできている。







有吉が第7世代への不満を抱えていると知っている視聴者は、テレビで直接対峙した二人の姿に大満足だったようだ。








◼約2割に「絶対に逆らえない人がいる」


しらべぇ編集部で全国10~60代の男女1,721名を対象に調査したところ、全体の20.8%が「絶対に逆らえない人がいる」と回答。男女ともに年代が若くなるほど割合が増えている。



多くのレギュラー番組を持ち発言力のある有吉に対して、せいやは「逆らえない」はず。自分の知らぬところで広まってしまった「第7世代」という括りに、1番苦しめられているのはせいや自身なのかもしれない。

・合わせて読みたい→『チコちゃんに叱られる』パロディAVが話題に 出演女優に直撃

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年5月17日~2019年5月22日
対象:全国10代~60代の男女1,721名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ