宇宙six原義孝が初主演『THE BANK ROBBERY!』が開幕 演出家に「ゴリラじゃねえわ!」と笑顔で反論

SPICE


ジャニーズJr./宇宙Sixの原嘉孝が初主演を務めるコメディ舞台『THE BANK ROBBERY!~ダイヤモンド強奪大作戦~』が2019年8月2日(金)東京・新国立劇場で初日を迎えた。同日日中には公開ゲネプロ(通し稽古)が行われ、その後実施された囲み会見では、原と共に共演者の乃木坂46・桜井玲香、元木聖也、田中要次が演出の小林顕作と共に出席した。

本作はイギリスで大ヒット上演中のコメディー。1958年の米ミネソタを舞台にハンガリー国の王子からミネアポリス都市銀行が預かった高価なダイアモンドを巡り、スリ、脱獄囚、泥棒、詐欺師たちが騙し騙されながら繰り広げるサスペンス喜劇。


スリのサム役を演じる原は「この中では一番普通の男子」。初主演舞台について「最初はプレッシャーも感じていましたが、稽古場の雰囲気がすごく良くて笑いが絶えず、緊張がほぐれてきた」と振り返っていた。




結婚詐欺師のカプリス役・桜井は「私、ゲラなのですぐ笑っちゃうところがあって」と話すと、原は「最後のほうでシリアスなシーンなのに僕の方見ると笑っちゃうんです」とバラシて笑いを誘っていた。小林も桜井の演技を絶賛する。「ここまで出来る人だとは思わなかった」その声に照れたような笑顔を浮かべていた。今年9月に乃木坂46から卒業する桜井にとって、これが卒業前の最後の舞台となることもあって、「この作品ではコメディエンヌとして頑張りたいです」と気合いを入れていた。




脱獄囚でダイヤの泥棒を企むミッチ役の元木は「一番悪い人」と自身の役を表現。「腕に手錠がつながっているなら腕ごと切っちゃえばいいじゃんって平気で言う人なんです」と言葉少なに解説する。




シュック捜査官役の田中は、誰しもがそのいでたちを見て感じる通り、「この姿は『ルパン三世』の銭形警部がイメージと語る。稽古場では皆がカードゲームに興じる中、「いいなあ、俺はまだ台詞を覚えきれてないから(参加できなかった)」とうらやましそうに眺めていた、というエピソードも口にした。また7年ぶりの舞台出演となる本作がミュージカル仕立てだと気が付いたのは稽古が始まってからだったそうで、「プロ集団におっさんが紛れ込んだよう。こんなに汗だくになるとは。もうびっしゃびしゃで!」と嘆いていた。


演出の小林は「思ったよりすごくいい出来。場面転換が多くテクニカルなのですが、スタッフの仲が良く上手く仕上がった」と胸を張る。が、稽古場ではいつしか小林は原の事を「ゴリラ」と呼ぶようになったと語り出す。原が「この現場の人たちは僕がジャニーズだって事を忘れがち!」というと小林が「こいつ、ジャニーズ、ジャニーズ! ってずっと言っているんですよ! で、(田中)要次さんを見ているとゴリラっぽいなぁ、そして原くんを観るとゴリラJr.だなぁ」と口にすると食い気味に「ゴリラJr.じゃねえわ!」と笑いながら突っ込む原だった。
「このゴリラさんが…」「ゴリラじゃねえわ!」の瞬間(笑)
「このゴリラさんが…」「ゴリラじゃねえわ!」の瞬間(笑)

また、本作の台本が出来た当初、主演にも関わらず一人だけ歌のシーンがなかった原に、小林は「このゴリラさんが(ゴリラじゃねえわ! と原がまたしても突っ込む)『僕だけ歌のシーンがない』ってブーブーゴリゴリ言ったので(笑)、面白いなと思ってその日に帰って翌朝1曲作って『こんなの、どう?』って見せたんです。だから(あの曲は)ロンドン版にはないんです」と解説。原はその楽曲のタイトルを「俺に歌がなかったから」と紹介。「歌詞も『俺に歌う場面がなかった』『ここで魅せなきゃ先輩たちに怒られる』って。『誰だよ』って合いの手が入る……サムじゃなくて原の歌なんです。完璧に! コメディーだから許されるかな」と笑顔。小林が「(この曲が)今回のヤマですから」と自信を見せると、原も「嬉しいです。ミュージカルで将来、大きな舞台に立ちたいのでその第一歩になる舞台になれば」と期待を言葉にしていた。








ゲネプロでは、原を初め、様々な登場人物がその場しのぎで騙し合いを続けるドタバタかつスピード感溢れるやり取りを見せていた。原はその通りの良い声と高い身体能力を武器に見事に主役を成し遂げていた。「俺に歌がなかったから」で見せるアイドルばり(アイドルです!)のパフォーマンスをお楽しみに。また予想以上に光ったのは桜井のコメディエンヌぶり。普通に舞台女優を経験してきたかのような安定感を感じさせていた。物語は後半に向けてどんどん加速する。何度も起きるどんでん返しの末、果たしてダイヤモンドは誰の手に渡るのか!? 最後まで笑いが絶えない舞台だった。

取材・文・撮影=こむらさき

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ