EXILE黒木啓司演じる謎の男が登場!3人の夫の死の真相が明らかに!?『旦シェア』第2章に突入

小池栄子主演の木曜ドラマF『わたし旦那をシェアしてた』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59~)の第5話が8月1日に放送。いよいよ第2章に突入する。

同ドラマは、同じ男性と事実婚の関係を結んでいた、3人のシングルマザー・森下晴美(小池)、小椋加奈子(りょう)、藤宮茜(岡本玲)が、シェアハウス「シングシングハウス」で共同生活をしながら亡くなった“夫”天谷恭平(平山浩行)の遺産を巡って戦い、数々の謎に巻き込まれていくファイティングミステリー。

第1話・2話では見逃し配信の再生回数が歴代同時間帯ドラマで最高となり、妻たちが繰り広げる熱いバトルや友情のストーリーと亡き夫の遺した10個の嘘という謎めくミステリーで注目を集めている。襲い掛かるトラブルに共闘して絆を深めていく晴美、加奈子、茜の3人だが、第5話からついに夫の死の真相に迫っていく。

<第5話あらすじ>
加藤と名乗る男が、シングシングハウスを訪れる。彼は恭平(平山)の友人で、晴美(小池)、加奈子(りょう)、茜(岡本)の相談役になってほしいと頼まれていたという。

秀明(赤楚衛二)は、加藤を目の前に動揺。加藤と名乗る男の正体は、森(黒木啓司/EXILE)だった。森は晴美たちに、3億円を3人で争うのは止めて寄付することを提案。その話を聞いた文江(夏木マリ)は反対するが、森に言いくるめられてしまう。晴美たちは寄付に同意し、森の計画通りに動かされていく……。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ