張本勲氏、佐々木郎希投手を温存した大船渡高監督に激怒 「楽させちゃダメ」

しらべぇ




28日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)で、張本勲氏が最速163キロの佐々木郎希投手を擁していながら、夏の甲子園岩手大会決勝で試合に出場させなかった大船渡高校・國保陽平監督を激しく批判した。

■「投げさせるべき」と持論


夏の全国高校野球選手権岩手大会決勝で、大船渡・佐々木郎希投手が前日完投していたことから登板せず花巻東に12対1で敗れ、予選敗退となった様子を見た張本勲氏は、

「最近のスポーツ界でね、これが一番残念だと思いましたよ」


と苦言と呈す。続けて、

「32歳の監督でね、若いから非常に苦労したと思いますがね、絶対投げさすべきなんですよ。前の日に129投げてますがね、だいたい予選で4回しか投げてないんですよ。合計450くらいしか投げてない」


と指摘する。そのうえで、

「監督と佐々木君のチームじゃないから。ナインはどうしますの、一緒に戦ってるナインは。1年生から3年生まで必死に練習してね、やっぱり甲子園は夢なんですよ 」


と捲し立てた。

■「間違い」と断言


さらに張本勲氏は

「私らの時代はね、夢が欲しくてね、小雨のね、路地で泣いたことがあるんですよ、出たい出たいって」


と甲子園に出られず、泣いたエピソードを披露。そして、

「最後に言いたいのは、先発させてナインにね、早く点取ってやれよと、3点でも5点でも。そしたら、代えてやることもできるんだからね、これは私は先輩としたら、私は間違いだと思いますよ 」


と語気を強める。関口宏は「でも壊れちゃうかもしれないから…」と制すが、「怪我を怖がるならスポーツ止めたほうがいい。みんな宿命なんだ」と切り捨てた。

■監督の思想にも批判


ゲストの前東京ヤクルトスワローズ・真中満氏も「僕が監督でも投げさせたかったですね」とコメント。そのうえで、「ルール的に日程がきつくなっている。高野連が考えるときに来ている」と指摘する。

ヒートアップした張本勲氏は最後に

「彼はね、アメリカの独立リーグにいたんですよ、監督は。だからアメリカ流に考えてるんですよ。アメリカは消耗品だと思ってるから。東洋人は投げて投げて力をつける。タイプが全然違うんですよ」


と「考え方」を批判。さらに「将来を考えたら投げさせたほうがいい。苦しいときの投球を体で覚えて大成した投手がいくらでもいる。楽させちゃだめ」と語気を強めた。

■意見に賛否両論


張本勲氏の「投げさせるべきだった」という持論に、ネット民の反応は賛否両論となっている。









■高野連の体質に問題あり?


ネット上では張本氏個人の不人気もあり、意見への反論が大勢を占めている様子。しかし大船渡高校には「なぜ投げさせないのか」という苦情電話が殺到しており、「投げさせるべき」と感じた人も多く、張本氏の意見が筋違いとまでは言い切れないのが現状だ。

真中満氏や先日ダルビッシュ有投手がTwitterで指摘したように、選手が壊れる可能性のある日程を組む高野連に問題がある考えるほうが、自然なのではないだろうか。

・合わせて読みたい→張本勲氏、「日本人MLB投手は大きな活躍できない」と発言し賛否両論 理解の声も

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ