「遺体をよく観察」した葬儀業者 発見した衝撃の事実

しらべぇ

2019/7/27 09:00

(phildaintith/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
死人に口なし。火葬が済んでしまえば、男性の死はこのままずっと「闘病中の悲しい孤独死」として語り継がれていたことだろう。だが、そうはいかなかった。しかも状況を変えたのは警察ではない。葬儀業者だった。

■葬儀業者だけが発見した傷


米国ジョージア州グウィネット郡のローレンスヴィルという町で、自宅で遺体となって発見された61歳の男性について、『USA TODAY』ほかが興味深いニュースを報じている。

いくつかの持病を抱えていたため闘病中の自然死と考えられていた男性だが、葬儀業者の納棺師が「首に奇妙な傷がある」として通報。これにより殺人事件を疑い警察が動き出した。

参考:交際相手を刺殺した女の言い分に恐怖 「他人事じゃない」「好きすぎたのか」

■血痕は持病が原因とみなした警察


遺体の第一発見者は訪ねてきた男性の姉で、当然ながら現場には警察が介入した。ベッド、浴室の壁、シャワーカーテンなど数か所に血液が付着していることがわかったという。

ところが「薬物依存とアルコールの問題、それに高血圧とC型肝炎で闘病中」という姉の説明に、警察はそれらの血痕を病気による出血傾向のせいとみなした。

さらに検死官も「事件性はない」と結論づけたため、男性の遺体は葬儀業者へ。そこで行われた納棺作業で事態が急転した次第だ。

■納棺師は遺体観察のプロだが…


人の遺体に触れる納棺師の仕事。遺体の湯灌(ゆかん)、化粧、着替えなど、遺族の希望をくみながら手際よく行なってくれる。「普通の人にはできないこと。納棺師には畏敬の念すら抱いている」と言う人は多い。

ただし体力のほかにタフな精神力も求められるとのこと。たとえば、納棺師からはこんな言葉がよく語られている。

・自分にも大切な家族がいる。遺族の号泣、深い悲しみに触れるたび胸が痛む

・闘病でやせ細ってしまっても、病死の場合は遺体がきれい。一方、飛び降り自殺や飛び込み自殺の場合、激しいダメージで目を覆うような遺体が多い

・目を大きく見開いたまま死後硬直となるなど、特に事故や事件では極度の戦慄で形相が恐ろしい遺体が多い


■警察の適当な仕事に呆れる市民


その葬儀業者が奇妙な傷を発見して通報しなければ、事実が明らかにならないまま男性は火葬され、埋葬されればすべてが終わっていた。そして彼を殺した犯人は一人ほくそ笑んでいたに違いない。

納棺師を称える声があがる一方で、再度の検死を経てこの男性が殺害されたと断定した警察は今、市民に情報提供の協力を呼び掛けている。

だが「遺体の現場検証を行った警察官から検死を行なった医師まで、ずいぶんテキトーな仕事だ」と市民は呆れかえっている様子だ。

・合わせて読みたい→「生命維持装置を外しましょう」 家族の死を看取ったはずがその後の急展開に衝撃

(文/しらべぇ編集部・浅野ナオミ)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ