おちまさと氏、29歳年下女性と再婚 新妻との間には令和ベビーも

しらべぇ

2019/7/26 14:00


放送作家・プロデューサーのおちまさと氏(53)が、アメブロ内の公式ブログを更新。24歳の一般女性と再婚し、男児が誕生していたことを報告し注目を集めている。

■お相手は初婚の24歳一般女性


おち氏がブログで自身の結婚について言及をしたのは、26日。「ご報告。」というタイトルの記事をアップし晴れた青空の写真を添えて、

「私おちまさとは平成に結婚しました。令和ベビーの男の子も産まれました。妻は初婚の24歳一般女性です。娘も妻と交際時からとても仲良く結婚に背中を押してくれました。そしてお姉ちゃんになった事を大変喜んでいます。」


と、結婚とベビーの誕生を報告している。



■前妻との間にも娘が


前妻との間に設けた娘も「背中を押した」という今回の再婚。おち氏は2008年にモデルの河辺千恵子(32)と結婚し2010年5月に第1子女児が誕生するも、2015年に離婚している。2015年11月21日のブログには、

「私、おちまさとは越智千恵子さんと先日二人で話し合いの結果すべて円満に合意し離婚致しました。娘は私の強い希望により自分が育てる事となりました。」


という文章が記されており、1人娘をおち氏が育てる方向であることを明かしている。



■20歳以上年齢差がある恋愛はアリ?


前妻の河辺とも 21歳の年齢差があったおち氏だが、24歳の新妻とは29歳の年齢の開きがありかなりの「年の差婚」。

しらべぇ編集部は、全国20~60代の男女1,589名を対象に調査を実施。その結果、全体の49.6%が「20歳以上の年齢差がある恋愛はアリだと思う」と回答した。20代女性の場合は「年上」に限られるが、40.6%の人が「アリ」と答えている。



■ステップファミリーとしても円満?


河辺のインスタグラムには、おちが育てているとされる娘との交流の様子がアップされている。投稿からは親子で仲がよい様子が見て取れ、おち氏の再婚後も「ステップファミリー」として交流があることが伺える。

・合わせて読みたい→森渉、妻・金朋の“アンパンマン攻撃”に困惑 「娘が飽きない程度に抑えて」

(文/しらべぇ編集部・星子

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年2月1日~2019年2月4日
対象:全国20代~60代の男女1,589名 (有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ