『ガキ使』藤原副社長の会見登場にネット複雑 「何が悲しいって…」

しらべぇ

2019/7/22 18:00




22日、吉本興業・岡本昭彦社長が都内で記者会見を行なった。会見では、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)の「笑ってはいけないシリーズ」にも出演している、同社の藤原寛副社長も登場。

岡本社長に代わって質問に応じる場面もあり、インターネット上では複雑な声があがっている。

■報告受け社内も動揺


20日に行われた田村亮と宮迫博之の会見の中で、「会社側から静観するようにとの指示があった」とする証言が出たことについて、岡本社長に代わって藤原副社長が質問に応じた。

藤原副社長は「『静観』という言葉を使ったかは覚えてないです」と説明。芸人らから金銭授受の事実を聞き、「今まで聞いていたのと全く違う答えだったので、正直信じられないというかびっくりした。関係者の皆様にも謝罪を含めてご報告していたのと全然違うので、どうしようかとなっていた」と、社内も動揺していたことを明かした。

■「静観」発言を否定


続けて、「本当にしっかり確認作業をしないと。いい加減な報告をしてはいけないと。対応を含めて考えなきゃいけない」と、慎重に事実確認・今後の対応を検討していたことを回顧し、「『静観』という言葉は使っていないと思う」と、改めて発言を否定した。

また、「会社としてどんな幕引きを想定していた?」「隠蔽する意図があったのではないか」と追求されると、岡本社長は「隠蔽するという意図はなかった」と断言した。

■ネットでは複雑な声も


会見を見たネットユーザーからは、ハキハキとしたしゃべり口調の藤原副社長に好意的なコメントも目立つ一方、記者会見の内容には複雑な声も相次いでいる。

「藤原副社長、ガキ使での噛み噛みは嘘だった」

「岡本社長の謝罪会見見てて何がつらいって、年末のガキ使でお馴染みの藤原さんが、岡本社長の代わりに必死に喋ってること。こんな悲しい表情して喋ってる藤原さん初めて見た」

「圧力かけた言葉は全て笑わすための冗談だったんですか? 松っちゃん一体どんな気持ちで聞いてるのかな。藤原さんの回答はわかりやすかったです」


■所属タレントたちの動向にも注目


岡本社長らは、所属タレントへの高圧的な言動については「冗談だった」などと否定していたが、同日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)にて、加藤浩次は「若手にしているのを見たことがある」と証言している。

加藤は、同社の経営陣の刷新を生放送で強く訴えており、「変わらないなら俺は辞める」と宣言したことも大きな注目を集めた。今回の記者会見を受けて、所属タレントたちの今後の動向も注目される。

・合わせて読みたい→吉本興業・社長らの1年間減俸に加藤浩次を心配する声 「どうなるの…」

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ