吉本興業・岡本社長、自身の発言を釈明 「酷い会見」「笑えない」の声も

しらべぇ

2019/7/22 17:20




しらべぇ既報のとおり、吉本興業の岡本昭彦社長が所属タレントによる一連の闇営業騒動について会見を開いた。インターネット上では、「酷い会見」との声が相次いでいる。

■「テープ回してないやろな」は冗談


20日に謝罪会見を開いた雨上がり決死隊宮迫博之は、今回の問題に関する打ち合わせの中で、「テープ回してないやろな」などと岡本社長から言われたと発言。

この発言について記者から質問されると、岡本社長は「冗談で言ったら、全く笑われることもなく…」と回答。あくまでも場を和ませるためだったと主張した。

■ネットでは「酷い会見」の声


先述の回答をはじめ、会見に出席した記者自らが待ちきれず、「わかりました」「ありがとうございました」と社長の回答を切るような場面も見られた。

問題の核心に言及されないようにも思われる会見の様子に、もどかしさを覚える視聴者が続出。ツイッターでは、「酷い会見」といったコメントが相次いでいる。







■今後の動きにも注目


今回の会見で、宮迫とロンドンブーツ1号2号の田村亮の処分を撤回した吉本興業。2人が受け入れるのであれば、関係を修復して「全力でサポートしていきたい」と、岡本社長は話していた。

一連の騒動がどのように収束するのか。吉本興業、宮迫と田村、そして同事務所に所属する芸人仲間たちの今後の動きにも注目したい。

・合わせて読みたい→デーブ・スペクター、吉本の「テレビ局は株主」発言を批判 「株を手放すべき」

(文/しらべぇ編集部・音無 まりも

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ