Kaela Kimura 15th Anniversary feat. GUCCI

NeoL

2019/7/22 17:00



デビューから15周年を迎える木村カエラがリリースする『いちご』。インタビューでも語られる通り、ある意味では「木村カエラらしからぬ」言葉と、その根底に流れる自分を愛する感情に胸を打たれる、あいみょんとのコラボ作である“Continue”や、ノルウェーのアート・ロック・バンド:Pom Pokoとの“MUSIC ON, WORLD OFF”、そしてAAAMYYYを作曲に迎えた“clione”など、多くの新基軸が見られる本作。同時にCharaや盟友ともいえる會田茂一など関係性の深いメンツのバックアップも含め、木村カエラの「これまでとこれから」を感じさせるような作品として完成した。「積み上げてきたものを壊す」作品だと語る今作に込められた思いや、デビューから15周年を迎える現在の彼女を突き動かすものとは。

――今回のインタビューでは定番の質問で恐縮ですが、アーティスト活動15周年を迎えられての心境はいかがでしょうか?

木村カエラ「やっぱりその質問は定番なんですけど(笑)、必ずそう訊かれるということは、15周年というのはやっぱりスゴいことなんだなって、インタビューを受ければ受けるほど実感してきました。デビューしたときは、自分の中では『10年間、歌を続ける』ということが、大きな目標だったんですね。それを超えて今年15年目を迎えられたことはとても嬉しいし、感謝の気持ちでいっぱいです。それは、自分がなにかを成し遂げた、というより、リスナーやオーディエンスっていう、ついてきてくれた人達がいたからだし、そのことを何より実感してます。こうやって素敵なお洋服を着ることができたり、いろんなメディアに取り上げて頂けるという状況があることも、本当にありがたいことだなって」

――活動開始当初、10年というタームを目標として設定された理由は?

木村カエラ「アーティストとしてデビューする時に、『男性アーティストよりも女性アーティストの方が、10年続けるのは難しいよ』と、周りの大人の人達にめちゃくちゃ言われて、ちょっと脅かされるようなことを言われたりもしましたね(笑)」

――すごく悲しい意見のぶつけられ方ですね。

木村カエラ「女性に対してのそういう目線や意見は、いまはその当時よりは多少なりとも少なくはなっているのかもしれないけど、まだ存在すると思うし、女性はそういう風に見られがちですよ。やっぱり。それは日本でも海外でも。だからこそ『そうはさせるか! バカ言うんじゃねえ!』って思ってたし(笑)、デビュー曲の“Level42”でも、『see yourself in 10 years』と歌ってるんですね」

――あの曲自体がとても未来志向だったのには、そういう思いが込められていたんですね。

木村カエラ「はい。だから、そういう(女性アーティストのキャリアを軽く見るような)声をギャフンと言わせたいという気持ちはずっと持っていたし、10周年の時には『ほら、できたでしょ!』ってことを見せたいという気持ちもあって。でも、その揺り返しだったのか、10周年を終えたあとに、抜け殻みたいになってしまって」

――そうだったんですね。

木村カエラ「物事を長く続けると、そこでの自分の好きなこと、嫌いなこと、いろんなことをやり尽くしちゃうじゃないですか。なにかやっても『こうなったらこうなるな』ということが予想できたり、見えてきちゃう。その中で、10周年を終えたタイミングで何をすればいいのか、何をすれば自分らしくあるのかというのが、見えているし、どうすればいいのかもわかってるんだけど、そこに向かう“気力”が無くなっちゃったんですよね」





――目標に向かうまでに自分を奮い立たせるようなモチベーションや刺激が湧かなくなってしまった、と。

木村カエラ「そう。そこで『いかん、いま私は安心しきってる』って。ここにいれば安全、この人達といれば安心、ということに馴れてしまって、怠けてしまっていることに気づいたんです。そこで自分にもっと危機感を与えないといけない、デビュー当時の、お金はないし、電気は止まるし、売れなきゃマズい、なによりご飯が食べられない!というハングリーさを思い出せ!って思ったんですよね(笑)。だから10周年を迎えてからこのアルバムまでの5年間は、修行期間だと思っていて。いままで一緒にやってきたバンド・メンバーとも離れて、新しいメンバーとバンドを組み直したり」

――2016年リリースのアルバム『PUNKY』がまさにそうでした。

木村カエラ「ライヴもDJスタイルやストリングス、ピアノ1本だけでやってみたり。そうやって、自分にチャレンジを与えて、不安を与え続けて、どんな場所でも、どんな状況でも歌えるようにして、自分をもっと強くしていく作業が必要だったんです」

――停滞の出口を見つけるには、誰かの助けを待つんじゃなくて、自分を鍛えるしか無かった。

木村カエラ「そこで成長して、いままで絶対に行けなかったところにいこうと思ったんですよね。そしてそこに進めれば、いまとは違う風景が見えるし、そこで新しくなった自分が発見できるかな、その自分を認められるかなって」

――新しい自分を見つけて、その自分ごと、もっと自分を愛せるようになりたかったというか。

木村カエラ「そう。虚勢を張ったり、自分に嘘をついて、自分でも『これは自分じゃない』って思いながら生きても、仕方ないと思うんですよね。だから、このままの自分を愛する為に、受け入れる為に、いろんな自分への固定観念だったり、自分自身を壊して、新しい自分を見つける必要があったんです。それができていなかったら、『15週年を迎えての気持ちは』というインタビューは、もしかしたら受けられてなかったかもしれないです」

――逆に言えば、その停滞が抜けられたからこそ、そのお話をして頂けてるということですね。

木村カエラ「でも、みんなそういう状況に多かれ少なかれ、なると思うんですよね。どんな人でも絶対に限界はあると思う。“限界”があることには良い意味で諦めて、いろんなチャレンジをするしかないというか。今回のアルバム『いちご』も、今まで積み上げてきたものを壊すことを恐れずに、新しい自分で前に進む、というイメージだったし、それがテーマ。『木村カエラ! お前はまだまだだ! もっとやれる!』という(笑)」



――その意味でも、様々な部分で変化を感じる作品だと感じました。

木村カエラ「生き物は生存するためにどんどん進化したり変化していきますよね。私にとっては“歌う”という大事なことを続けていくために、変わっていく必要があったし、そうしなくちゃいけなかった。でも、それってすごくしんどいことなのも分かるんですよ」

――自分が納得していなくても「求められる像」を演じたり、エゴを隠して周囲の状況に流される方が、楽な部分をありますね。

木村カエラ「人間って、そのままじゃないはずなのに、そのままでいようとするじゃないですか。“良い時”“良かった時”を求めて、そこに囚われちゃったり。でも、そういうプライドを壊して、変わっていく、進んでいく姿が見せられれば、それは誰かの勇気になると思うんですよね。『それができる人がいるんだから、私もできる!』と思ってもらえれば嬉しいなって。アルバムに変化を感じてもらえたんだとすれば、キャリアを重ねて、新人だったはずの私ももう新人ではなくなって、上には大先輩がいて、下にはフレッシュな世代がいる、その自分の位置で、自分や参加してくれたアーティストが美しく輝くために、なにができるかを追求して考えたからかもしれないし、それがそこに繋がっていれば嬉しいなって」

――下の世代でいえばあいみょんさんとの“Continue”でのコラボにも通じますね。

木村カエラ「デビューのときから大先輩たちに囲まれて仕事をしてきたから、自分よりも年下のアーティストに曲を頼むっていうのはなかなかなかったんだけど、あいみょんちゃんは尊敬するアーティストだし、そういう人とは一緒に作りたいなって。それで声を掛けたら、あいみょんちゃんはソロの女性アーティストに曲を書いたことは無かったみたいなんだけど、私の曲もいままで聴いていてくれて、『カエラさんだったら一緒に』って応えてくれたんですよね。歌詞は、自分が歳を重ねてきたことだったり、後悔しないように生きてきていること、15年よく頑張ったってことを、自分自身に歌いかけるような内容にしたい、ってあいみょんちゃんに相談したんです。そうしたら『カエラさんが“おばさん”って歌ったら、めちゃ格好いいと思います』ってこの歌詞を上げてくれて。私も、もう『おばさんって歌っちゃおう!』って思って(笑)。あいみょんちゃんがその歌詞を書くのも挑戦だったと思うし、私がそれを歌うのも挑戦だと思いますね」」

――カエラさんが「おばさんになったこと」「増えたシワの数も」と歌うのは、すごくショッキングにも感じました。

木村カエラ「それだけその歌詞と歌が響いたってことだから、そう感じてくれれば嬉しいですよ。高校生のころは、私のいまくらいの年齢の人はおばさんだと思ってたけど、いまはもっと上の人のことをそう思うし、“おばさん”って、歳を取れば取るほど、実は追いつかなくなるんじゃないかなって(笑)」

――アキレスと亀みたいな話ですね(笑)。

木村カエラ「あいみょんちゃんとも『一生おばさんには追いつかないよ!』って話したんですが(笑)、一方で“おばさん”ということを強く認めるのもいいなと思ったんですよね。追いかけてると思いながら、どこかでおばさんの自分を認めてるから。あと、この仕事をしてるとデビュー当時とかと比べられて、いろいろ言われるし、そう言われるんだったら、先に言っちゃえ!って。『そうですよ! なにが悪いの!歳は取るよ!』 って(笑)」

――この曲を聴いて、歳を取るのも悪くないし、カエラさんがそのメッセージを出すことは、すごく素敵なことだと思いました。

木村カエラ「歳を重ねるというのは成長してるってことだし、いろんな経験や知識もちゃんと蓄えられれば、“おばさん”という言葉は素敵になると思うんです」

――また、先輩であるCharaさんとは“曖昧me”と“ミモザ”を制作されましたね。

木村カエラ「私の中でCharaさんはミモザのイメージで、そのイメージを元に曲を作りたいって相談して作ったんです。“曖昧me”はCharaさんのお宅にお邪魔して、二人でラーメン食べながら他愛もない話をして、Charraさんがコードとメロディを考えながら、私は歌詞を書くという。そういうとても素敵な時間を過ごしながら制作したんですよ。あいみょんちゃんやCharaさんとコラボして制作することで、私自身がすごく先に進めたと思うし、とにかくこのアルバムは、いろんな方から刺激をいただいてできた作品になりましたね」



――アルバムを締めくくる“いちご”はカエラさんの作詞作曲になりますね。「生きること」や「生きていくこと」というイメージの楽曲ですが、この楽曲を制作されたのは?

木村カエラ「時々『自分は死ぬんじゃないか』ってモードで曲を作るときが、何年かに一度あるんです。死なないんだけど(笑)。でも、そんな気持ちで泣きながら歌詞を書いたりするんですよ。そういうモードに入るときって、何かを壊す時期っぽいんです」

――死と再生、破壊と構築、というか。

木村カエラ「そうかもしれないですね。夢占いの『殺される夢は良い夢』みたいな。死ぬと生きるが隣り合わせになったようなモードになって、この曲も泣きながら書いてます。『悔いがないように生きます!』みたいな気持ちで。でも、いろんな時期があって、光も闇もあるけど、結局全てが素晴らしい、って気持ちを入れたかったんですよね」

――曲調は非常にオーガニックな感触です。

木村カエラ「クリック(メトロノーム)も聴かずに作っているし、アコギの弦を指が擦る音(フレットノイズ)も、息継ぎの呼吸の音もカットしてないんですよね。そういう「人が生きている音」だったり、「生きている」っていう状態を、作品に落とし込みたいなって」

――ある意味では、生きているから発生する「ノイズ」というか。それは調音できない「ノイズ」だからこそ、木村カエラにしか出せない「音」になりますね。

木村カエラ「その生々しさも、そう受け取ってもらえたら嬉しいですね」

――10月からは全国ツアーがスタートします。

木村カエラ「15周年を記念するツアーであり、全国にうかがうので、新しいアルバム曲も引っさげつつ、これまでのベスト盤的な構成も込めた、感謝の気持ちを伝えられるツアーにしたいと思っています」

――では、15周年の先はどんなビジョンを考えていますか?

木村カエラ「全く想像はできていないけど、大丈夫な気はしてる(笑)。それに『20周年でやりたいこと』は、見えてるんですよね。ライヴだけじゃなくて、衣装とか映像、自分がクリエイトしたものを展示するような表現がしたい。いまの若い子だと、最近の木村カエラは知ってるけど、デビューした頃の木村カエラは見たことのない人も多いと思うから、それを見てほしい。『やばかったよ~私!』って(笑)。それは自己満かも知れないけど、面白いことができそうだなって。自分でもそれが見てみたいし、いまからそれを纏めていきたいなって」

――そういうクリエイションが、やはり原動力だと。

木村カエラ「自分が楽しいと思うことに全力で向き合って、それを突き詰められれば、自分に自信とか、いろんな感情が戻ってきて、強くなれると思います。そうすると、なにをやっていても楽しくなれる。私は仕事と私生活をあまりわけてはいないし、精神が繋がっているので、その両方が充実している状況を作っていくことが自分にとっての原動力。原動力をちゃんと動かすには、いろんな刺激を受けて、大好きな歌を歌って、進化していかなくちゃいけないと思う。そうやって、『悩んでもしかたない! 次に向かおう!』ってところにこのアルバムで到達できたから、もっとこれからが楽しくなりそうです」

photography Saki Omi(io)style Yuuka Maruyama(makiura office)hair&make-up Mihoko Fujiwaratext Shinichiro JET Takagiedit Ryoko Kuwahara


木村カエラ『いちご』

通常盤 (CDのみ) ¥3,000+tax 初回限定盤 (CD+DVD) ¥3,700+tax【CD】M-1, Continue M-2, セレンディピティ ( ダイハツ キャスト CM ソング「My Favorite」篇 ) M-3, BREAKER(映画「ペット2」イメージソング)M-4, MUSIC ON, WORLD OFF M-5, 曖昧 me M-6 , clione M-7, ミモザ M-8, ストレスポンジー M-9, 戦闘的ファンタジー M-10, ハイドとシーク M-11, いちご【DVD】Continue (Music Video)/ カエラのドキドキ☆ドッキリ大作戦 ※初回限定盤は豪華スペシャルパッケージAmazon

《木村カエラ LIVE 2019 全国「いちご狩り」ツアー》10/17( 木 ) 北海道・札幌 cube garden 18:30/19:00 問: WESS 011-614-999910/26( 土 ) 広島・広島 CLUB QUATTRO 17:15/18:00 問: 夢番地 082-249-3571 10/27( 日 ) 福岡・DRUM LOGOS 16:45/17:30 問:キョードー西日本 0570-09-242411/02( 土 ) 東京・Zepp DiverCity 17:00/18:00 問: ホットスタッフ・プロモーション 03-5720-999911/06( 水 ) 香川・高松オリーブホール 18:30/19:00 問: DUKE 松山 089-947-353511/07( 木 ) 名古屋・DIAMOND HALL 18:00/19:00 問: サンデーフォークプロモーション 052-320-910011/09( 土 ) 大阪・なんば Hatch 17:00/18:00 問: 清水音泉 06-6357-366611/17( 日 ) 仙台・仙台 GIGS 16:00/17:00 問: Coolmine 022-292-1789

木村カエラ2004年6月シングル“Level 42”でメジャーデビュー。2013年6月、自身が代表を務めるプライベートレーベルELAを設立。2014年6月、メジャーデビュー10周年を迎え、ベストアルバム『10years』、8枚目となるオリジナルアルバム『MEITA』をリリース。同年10月、横浜アリーナ2days公演を成功させた。2016年10月、アルバム『PUNKY』をリリース。全国ツアー「KAELA presents PUNKY TOUR 2016-2017」を実施。2017年5月シングル“HOLIDAYS”(JRA『HOT HOLIDAYS! CMソング』)をリリース。2018年4月、初の描き下ろし絵本『ねむとココロ』を出版。同年11月、ミニアルバム『¿WHO?』をリリース。2019年にはデビュー15周年を迎え、デビューの日の6月23日に日比谷野外大音楽堂でアニバーサリー公演を開催。7月31日にはオリジナルアルバム『いちご』をリリース。http://kaela-web.com



jacket ¥395,000 tops ¥205,000 pants ¥125,000 pierces ¥80,000 ring(right - index finger) ¥66,000 (right - thumb) ¥50,000 (left - index finger) ¥71,000 (left - ring finger) ¥72,000 tights ¥20,000 sandal ¥102,000



jacket ¥455,000 skirt ¥140,000 blouse ¥220,000  pierces ¥80,000 necklace ¥363,000 ring(right - index finger) ¥66,000 (right - thumb) ¥50,000 (left - index finger) ¥71,000 (left - ring finger) ¥72,000 tights ¥20,000 boots ¥236,000



coat ¥520,000 basque ¥34,000 bag「GG MARMONT」¥243,000 eyewear 125,000円 pierces ¥80,000 ring(right - index finger) ¥66,000 (right - thumb) ¥50,000 (left - index finger) ¥71,000 (left - ring finger) ¥72,000 t



boots ¥236,000

GUCCI JAPAN CLIANT SERVICE TEL 0120-99-2177www.gucci.com

当記事はNeoLの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ