オープン日なのにガラガラ 高いと話題の『モスプレミアム』へ行った結果

しらべぇ

2019/7/20 10:20


モスバーガーが19日、横浜市に高級価格の店舗『モスプレミアム』をオープンした。

バーガー類が1個1,000円以上するものがすべてのため、オープン前から高いと話題になっていたが、価格なりの価値はあるのだろうか?

■さっそく店舗へ行くと…




それを確かめるべく、桜木町駅すぐの駅ビル『クロスゲート』にあるモスプレミアムへさっそく行ってみると、オープン日なのに待ちがなく、ガラガラといった印象を受けた。



ランチだとドリンクとポテトがセットになり、モスプレミアムバーガーが税込1,200円なので、ものすごく高いといった印象は受けないが…

■席は落ち着く感じ




オーダー後は札をナプキン入れに刺し、席に持ってきてもらえるスタイルなので、ファストフードよりも手間がかからないところは良い。



席もソファーが多くゆったりしており、席によってはUSBや電源もあるため、落ち着いて仕事などをすることもできそう。

■モスバーガーの完成度が高いだけに…




気になるモスプレミアムバーガーの味だが、手作り感を大事にするモスバーガーだけあり、すべてにおいて高得点な味。だが、残念なことに欠点もある。

それは、370円のモスバーガーの完成度が高いだけに、2倍以上するモスプレミアムバーガーを食べるより、モスバーガーを2個食べたくなってしまうのだ。

■尖った部分がない




また、上手くまとまっているが故に同価格帯のグルメバーガーによくあるビーフ100%のにくにくしいパティや、超スモーキーなベーコンなど、尖った部分がない。

そのためカフェメニューは充実しているものの、わざわざモスプレミアムへ足を運んでバーガーをもう1回食べたいという気持ちにならないのである。

■立地についても厳しい


また、立地についてもクロスゲートは駐車料金のサービスがない、もしくは高額なため、ゆったり味わうには電車で来るしかない。そのため、ほかの駐車サービスがある桜木町の商業施設にくらべ、足が限られてしまうのも微妙な部分。

渋谷や新宿、横浜の駅ビルならまだしも、わざわざ桜木町まで行くのはツラい。立地的にも正直言って厳しいところがあるのは否めない。

■電車で行くならアリ


グルメバーガーであればガストが期間限定で復活メニューとして提供していた『ガストバーガー』のように尖った部分を出し、コスパも良くしないとファンはなかなかつかないのではと思った。

ただ、パスタやスイーツなど充実したメニューがあり席が落ち着くことは間違いないので、電車で桜木町へ行き、ゆったり食事をするときの選択肢としてはアリ。気になる人はぜひ行ってみよう。

・合わせて読みたい→カレーモスバーガーが4年ぶりに復活 暑い夏にスパイスの刺激がイイ

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ