絵を仕事にできて幸せ! 見てくれている人たちからの声が私の原動力【息子愛が止まらない!! 第16話】

ウーマンエキサイトの読者のみなさんこんにちは! ねここあんな。です!

今回のテーマは「私がコミックライターになるまで」ということで…

「あれ? 私ってコミックライターだったんだ!」と今更自覚しました(笑)!

そんな肩書ができるなんて、去年の私なら思いもしないことでした。

絵を描くことは、子どものころから大好きでした。いつか漫画家になる! とよく文集とかで言っていました…(ちょっと恥ずかしいですね)

しかし厳しい美術予備校で美大受験のために絵を勉強するようになってから、少しずつ絵が嫌いになっていきました。

私の描きたいものってなんだっけ? とわからなくなり、好きな漫画も何年も描くことはなくなりました。

■結婚と妊娠が、再び絵を描くキッカケに
そして大学生活、社会人生活と時は過ぎ…

ようやく自ら絵を描くことになったのは、自分の結婚式で使うウェルカムボードでした。

“大事な人を描くため”なら原動力が湧くと実感し、その後もウェルカムボードや似顔絵皿作りなどを副業にしていました。

誰かの大事な人を描ける楽しさ、受け取ってくれた方からの喜ぶ声が、いつも間にか絵が大好きな自分を思い出させてくれました。

大学生以降、絵を描かなくなっていた私。しかし、結婚式のウェルカムボードを描いたことをキッカケに、再び絵を描くように…!

さらにここで大きなきっかけが訪れます。

それは息子を妊娠したことでした。

どんな子育て生活が待っているんだろうとドキドキしながら、生まれてくる赤ちゃんを想像していました。

それともちろん、毎日のように育児への不安も抱いていました。

その不安を明るい気持ちにさせてくれたのが、実際に育児に奮闘するママたちの描くイラストや漫画だったのです。

書籍化されたものも何冊か購入し、産休中に読んでは笑っていました。

私もわが子を産んだら、こんなふうに絵に残そうと思うようになりました。

■しかし、産後は怒涛の日々に…!

…しかし、いざ出産を経てみると、漫画を描く気力はおろか漫画を読む余裕もなくなり、あれよあれよと過ぎていきました。

それでも息子の愉快な一面に笑わされる日々で、育児は大変でありながらも、私にとって毎日が宝物のようでした。

だからこそ「いつかこの日々を絵にするんだ!」と決め、ノートにその日の出来事やイメージを描いて過ごしていました。

たくさん笑わせてくれる息子のエピソードを、とにかくノートに書き留める時期。いつかこれを絵にしよう…いつか…!いつか…いつか…いつか…、と言いつつ、いつになったらいつかは来るの? 台所に立っているか、飯を食わせているか。掃除をしている毎日!

■インスタ開始! 寄せられたコメントに“次も描きたい”という気持ちに
少し余裕が生まれ試しに描いてみようかな~と思えてきたのは、離乳食期が落ち着いてきた息子が生後11ヶ月の時でした。

恥ずかしながらもインスタにあげてみると、友人からあたたかいメッセージが届いたりしてうれしくなったのを覚えています。

そのうちなんとなく息子が昼寝をしているうちに絵を描くという習慣がつき、気づけば再び私の趣味となっていました。

インスタに載せるということで、さまざまな人が共感してくれたり、一緒になって笑ってくれたり、逆に笑わせてくれたり。

本当に多くの人たちに支えられてきました。

時には育児の悩みへのアドバイスもいただけたりして、もはやママ友なんじゃないかと勝手に思ってしまっています(笑)

インスタを始めると、多くのコメントが! 一緒に笑ってくれたり、泣いてくれたり…。見てくれている人たちからのあたたかいメッセージが原動力に!

「授乳中に笑ってしまい、わが子がビックリして乳首を離してしまいました」とか「笑い声で寝かしつけた娘を起こしてしまいました」とか、リアルに今、母業をやってる人たちの声が印象的でした。

素直にうれしいです。

また、たまに「うちの子も、きっくんのような優しい子に育ってほしい」といったありがた~~い言葉をもらうこともあります。

叱ってしまったり私自身イライラしてしまう日もあり、優しい子に育てられているのか不安になるものですが、こんなふうに周りから見たら“優しさ”を感じられる部分もあるのだなと思って少し安心することもあります。

そういった皆様の声のおかげで、また次も描きたいと思えるようになり、今日まで私は描いてこられたんだろうなぁと思います。

■また絵が好きになれてよかった! コミックライターになった今
そうして、描いた絵に反響があったりしていくうちに、こういった絵のお仕事の声をかけてもらえました。

本当、去年の今頃の自分では考えられないような未来に、今、います。

絵を仕事にできること、しあわせだな、と日々思っています。見てくれている皆様のおかげです。本当にありがとうございます!

以上が私のコミックライターになるまでの経緯です!

ちょっと照れ臭いですが、また絵が好きになれてよかった、絵を仕事にできて幸せだ、と思う毎日です!

(ねここあんな。)

当記事はウーマンエキサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ