大島優子、どこでも寝られる方法に注目集まる 「すごい」「便利すぎ」

しらべぇ

2019/7/19 20:00

(画像は大島優子公式インスタグラムのスクリーンショット)
AKB48メンバーで、現在は女優として活躍する大島優子(30)が19日、自身のインスタグラムを更新。仮眠中の寝相を公開し、ネット上に反響を呼んでいる。

■「もはや必殺技」

「睡眠がいちばんの回復薬」と話す大島は、この日ドラマで演じる役柄の格好のまま、ソファの上で仮眠を取ることに。「どこでも寝れちゃうのはもはや必殺技」らしく、胎児のように体を丸め、ちょうど座面に収まる体勢で就寝する大島。


傍目からは窮屈そうにも見える体勢だが、「よく眠れた」と感想を溢す。特技とも言える独自の仮眠方法に、「#ふつうにしてても小さいのに」「寝る時もっと小さくなる」と自嘲する大島だった。


■「コンパクト…」と驚き


大島の”必殺技”に、「コンパクトすぎ」「すごい」と驚くファン。一方で、この寝相はAKB時代からのお決まりのようで、「出た!」「久しぶりに見た」と懐かしむ声も一部では上がった。

「ああ可愛い…。寝顔も可愛いし、子供みたい。それにしても、全体的にコンパクトすぎ」

「靴小さいし、全体的に小さいし、優子しかできない特技。それにしても便利でいいね」

「相変わらず寝相が最高。それにしても久しぶりに見たわ」


■3割強「どこでも眠れる」


しらべぇ編集部が全国の20~60代の男女1,363名を対象に「睡眠」について調査を実施したところ、全体で33.5%の人が「どこでも眠れる」と回答。20代・30代では女性に、40代以降は男性にその傾向が強く表れた。



忙しい現代人にとって、天敵とも言える睡魔。仮眠室がない場合でも、オフィスや公園などのベンチで寝ることができればせめてもの休息になるのだろうが、大島のような体勢で眠れる人は限られてくるかもしれない…。

・合わせて読みたい→森三中・大島、若かりし母親の容姿に衝撃 「完全に同じ顔」「遺伝子ヤバい」

(文/しらべぇ編集部・清水 翔太

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年2月24日~2017年2月27日
対象:全国20代~60代の男女1,363名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ