松井珠理奈“パワハラ疑惑”に胸中告白 「心を鬼にしなければならない時もある」

松井珠理奈がSKE48の『松井珠理奈オフィシャルブログ』にて7月14日、「去年のこの時期は、悲しい思いをさせてしまい、ごめんなさい」と切り出し「パフォーマンス」への並々ならぬ思いを綴っている。昨年6月16日にナゴヤドームで行われた『第10回AKB48世界選抜総選挙』の開票イベントで1位となった松井珠理奈だが、翌日の握手会を体調不良により途中から欠席、19日に予定されていた「生誕祭」も延期となり、7月7日には運営から公式に「体調不良によりしばらくの間活動を休止して療養に専念する」ことが発表された。その原因の1つではないかと憶測されたのが「パワハラ疑惑」によるバッシングだ。今回、彼女がブログで「去年のこの時期は…」と改めて語ったのは、その件についての真意と思われる。

昨年の『第10回AKB48世界選抜総選挙』では2位がSKE48の須田亜香里、3位がHKT48の宮脇咲良だった。開票イベントを終えて行われた選抜メンバーの写真撮影に宮脇咲良の姿はなく、囲み取材で松井珠理奈がイベント前のAKB48コンサートで披露した『10年桜』で宮脇のパフォーマンスについて注意したところ「それを言ったら、さくらたんは出れなくなっちゃいました」と話した動画がネットで公開されて注目を集めた。

その動画によるとコンサートで『10年桜』を歌った後、松井が宮脇に対して「再会の誓いの~♪」と歌うフレーズの振り付けを「もっとちゃんと踊って」「じゃないとAKBが終わるから」と指導したという。松井は「それを言ったら、さくらたんは出れなくなっちゃいました」と話してから「悲しいです。だから『ごめんね』って言いました。『でも、それはさくらたんが好きだからだよ』って声を掛けた」という。

その囲み取材で松井が話す姿が普段とは様子が違っており「芝居がかっている」「ウザい」などとネットで叩かれ、さらに「パワハラ」ではないかと指摘されたのである。

それを踏まえて彼女が今回ブログで伝えようとしたことに目を向けると、「AKBの選抜として歌わせていただくときは、私のことをみて少しでもSKEに興味を持ってもらえるようなパフォーマンスをしたいと今までも今も変わらず心がけています」「もちろん、今はたくさんの先輩方が卒業してしまい、その先輩方の分まで48グループを支えていきたい、まだまだ48グループが元気だぞ!っていうところをアピールしたい、少しでも力になりたいと思っています!」と訴えている。

さらに「私は、これまでの10年間グループのことを常に考えてきました。だから、苦しくなること、悲しくなること、悔しくなること、納得ができないこと、良くしたいという気持ちがあり、心を鬼にしなきゃいけない時もありました。高みなさんも言っていたように、嫌われる勇気を持って進まなきゃという気持ちでやってきました」「誰だってそれが好きなわけじゃないし、なりたいわけじゃないけど、そういう人がいないといけないなって私も思います。それがうまく伝わらなかったり誤解されることもありますよね。十人十色という言葉があるように、感じ方はみんな違うから、仕方がないことだと今は思えるけど、、、正直それで悩んだことも、ありました」と続けている。

SKE48のエースであり『第10回AKB48世界選抜総選挙』の女王とはいえ、当時21歳の彼女が報道陣の囲み取材を受けて「宮脇咲良にパフォーマンスを注意したところ出られなくなった」ことを話すには身が震えるほどの思いで臨んだことだろう。それでも冷静に伝えねばならないと「心を鬼に」するため、あのような芝居がかった口調にならざるを得なかったのではないか。

そんな松井珠理奈のパフォーマンスはいつも全力だ。『AKB48東日本大震災被災地訪問』で行ったミニライブの動画をファンがYouTubeに投稿しており、ある時のステージで披露した『言い訳maybe』では松井がセンターを務め、サイドで大島優子が安心して任せている姿が印象的である。

直近では7月13日にTBS系『音楽の日2019』でキウイブラザーズ×AKB48による『恋のマイアヒ~ゼスプリキウイでアゲリシャス~』を披露したが、松井は踊りだけでなく笑顔でキウイブラザーズと絡むところなど細部まで意識してパフォーマンスしていた。

彼女はそうした「パフォーマンスへのこだわり」から宮脇咲良だけでなく、必要とあれば他のメンバーにも厳しく指導しただろう。それを「パワハラ」と捉えるかは指導された本人次第である。ただ、松井自身が「私が口下手なので、上手く伝えられないときがあることもダメなんですけど…その分自分の生き方を行動で示していきたいです! だから、これからも見守っていてほしいです」としているのは事態を反省してのことだろう。これからはそうした面に配慮しながら後輩を指導していくのではないか。

「自分のできることをやりたいし、後悔しないように、後輩たちにも思いを伝えて残していきたいです! もちろん、楽しむことを忘れないようにしますね」という気持ちで進めば、SKE48そして48グループのさらなる飛躍に貢献してくれそうだ。

画像は『松井珠理奈(ハリウッドJURINA) 2019年7月14日付Twitter「#音楽の日 フライングゲットの衣装は、実は、大好きなにゃんにゃんとまりちゃんの衣装でした」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ