赤坂のスナック美人ママ、手作りのお味噌汁で“おもてなし”

日刊SPA!

2019/7/19 15:50

 スナックの華といえば、お店の名物・美人ママ。彼女らは疲れた男たちを癒やしてくれる酒場の女神だ。今回は都内でお店を開く美しいママたちを紹介。スナック初心者も新規開拓をしたい方もぜひ足を運んでみてほしい。

◆来店すると幸せな気持になれるパワースポットのようなお店

【赤坂/ラウンジ泉水(いずみ)】美里ママ

お店のあるフロアに下りると不思議と爽やかな風が体を吹き抜ける。淀んだ空気の一切ないこのお店には、美里ママが凛とした佇まいでお客さんを待っている。

「この手のお店にしては珍しく、窓が多い造りなので気の流れがいいみたい。そのためか働いてる女のコはみんな寿退社か就職が決まって辞めていくんですよね」

私はなぜだか巣立たないんですけどね、と言ってチャーミングに微笑む美里ママ。彼女こそが、この店のパワースポットたる由縁のような気もする。

「以前は飯田橋のお店で長く雇われママをしてました。そこを辞めた後、10年間の充電期間を経てこのお店を出しました」

若い時から働き詰めだった美里ママは、本当に10年間働かなかったという。仕事も結婚もせず、一人の女性として当たり前の普通の生活を取り戻したという。

「この経験を経て『お客さまと楽しみを共有する』という喜びを知れました。それまでは楽しみを与える一方の視点しか持っていなかったので。この充電期間を経てワンランクアップできた感覚ですね」

もともとは調理師志望だったという美里ママ。帰り際には手作りのお味噌汁を振る舞ってくれる。味はもちろん絶品。それはママの“おもてなし”の心が染みた、その日を締めくくるご馳走にほかならない。

カラオケ十八番:ベルサイユのばら主題歌「薔薇は美しく散る」

好きな男性のタイプ:「アウトドア系。テニスやゴルフを一緒にできる人」

好きなお酒:「シャンパン以外ならなんでも」

― スナック美人ママ探訪 ―

当記事は日刊SPA!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ