田中圭演じるはるたんのメッセージに注目!『劇場版おっさんずラブ』キャラクタービジュアル完成

テレビドガッチ

2019/7/19 16:00

8月23日(金)に全国公開となる『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』。このほど田中圭林遣都、吉田鋼太郎ら出演者11人がタキシード&ドレスで決めた個性光るキャラクタービジュアルが完成した。

本作は、田中演じるモテない独身ダメ男・春田創一(通称:はるたん)と、頼れる理想の上司・黒澤武蔵(吉田)、イケメンでドSな後輩・牧凌太(林)の三角関係を描いたラブコメディ。テレビ朝日系で2018年4月クールに放送されると、“はるたん”を巡って繰り広げられるおっさん同士の恋模様にハマる人が続出。放送終了後は“おっさんずロス”の声が相次ぐ社会現象になった人気作品だ。

今回完成したキャラクタービジュアルには、春田、黒澤、牧、狸穴迅(沢村一樹)、山田ジャスティス(志尊淳)の前代未聞の五角関係を巻き起こし熱い恋の火花を散らす5人はもちろん、『おっさんずラブ』の世界を取り巻くお馴染みのメンバーたちである、ちず(内田理央)、マロ(金子大地)、舞香(伊藤修子)、鉄平(児嶋一哉)、武川(眞島秀和)、蝶子(大塚寧々)が大集合。

男性陣はタキシードやスーツ、女性陣はドレスの華やかな装いを身に纏い、みな結婚式を思わせる白い薔薇のブーケを手にした神聖な雰囲気漂う尊い瞬間ばかりで、さらに彼らの切なげな表情やとびきりの笑顔、そしてそれぞれ大切な相手をまっすぐに思うピュアな言葉が重なり、1枚1枚がひたすらビビビっとくるような胸アツな仕上がりとなっている。

彼らが繰り広げる愛の頂上決戦<ラブ・バトルロワイアル>の果てに、いったいどんな結末が待ち受けているのか?

<ストーリー>
永遠の愛を誓ったあの日から1年が過ぎ、上海・香港転勤を経て帰国した春田創一(田中)。久しぶりに戻ってきた天空不動産第二営業所では、黒澤武蔵(吉田)をはじめ、お馴染みのメンバーが顔を揃え、最近配属された陽気な新入社員・山田ジャスティス(志尊)も加わり春田を歓迎する。

そんな彼らの前に、天空不動産本社のプロジェクトチーム「Genius7」が突如として現れ、リーダーの狸穴迅(沢村)は、本社で新たに、アジアを巻き込む一大プロジェクトが発足し、第二営業所にもその一翼を担うよう通告する。その隣には、本社に異動しチームの一員となった牧凌太(林)の姿も……。何も知らされておらず動揺する春田だが、本社と営業所の確執が深まるほどに、牧との心の距離も開いてゆく。

一方、コンビを組むことになったジャスティスは兄のように春田を慕い、さらには黒澤もある事故がきっかけで突然“記憶喪失”に……! しかも忘れたのは春田の存在のみ。……え、どゆこと? そんな記憶喪失あんの!? 混乱する春田をよそに、黒澤は“生まれて初めて”春田と出会い、その胸に電流のような恋心を走らせてしまい……。そんな中、天空不動産を揺るがす前代未聞の大事件が発生! それに巻き込まれた春田にも最大の危機が迫る。果たして、春田の運命は…!? 笑って泣けるこの夏最高のエンタテインメント! おっさんたちの愛の頂上決戦<ラブ・バトルロワイアル>が、ついに幕を開ける。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ