仮面ライダー出演で話題! 渡邊圭祐が”脱・第2の松坂桃李”を目論む理由

※画像は、渡邊圭祐さん公式Twitter(@w_keisuke93) より

 

今後の注目株となりそうだ。テレビ朝日系列『仮面ライダージオウ』に出演中の渡邊圭祐である。仮面ライダーウォズに変身する白ウォズと黒ウォズの一人二役を演じ、2人の微妙なキャラの違いを繊細な表現力で出し切って好評を博している。

 

人気に火がつき、先月29日には1st写真集『その節は。』(東京ニュース通信社刊)の発売を記念したイベントが、東京都内で行われた。自身にとって初の単独イベントだったにもかかわらず異例の大盛況となり、用意された3,000冊の写真集は即完売。凄まじい人気ぶりを証明した。

 

初登場時にネットで大きな話題に!?

 

大手事務所のアミューズに所属。そもそも番組のクランクイン直前までは地元の仙台を中心にモデルとして活動し、古着店で働いていた経歴を持つ。初めて受けたオーディションを突破し、仮面ライダージオウのレギュラーキャストをつかみ取り、ウォズ役として登場すると「あの美男子は誰?」とネット上でも大きな話題となったのは記憶に新しいところだ。民放局関係者は次のように明かす。

 

「突然のようにパッと出て話題をかっさらったシンデレラボーイとして世の中に与えたインパクトは大きい。しかも子供番組においては特異キャラと言える白ウォズ、黒ウォズという一人二役の難しい役柄を卒なくこなし、周辺の評価を急上昇させている。その演技力も高く評価されていて、業界内でも注目の的となっており『第2の松坂桃李だ』との声も名高い。事務所側も売り出しに大乗り気になっているそうだ」

 

事務所側は「第2の松坂桃李」にナーバス?

 

ファッション雑誌『FINEBOYS』の専属モデル業から『侍戦隊シンケンセンジャー』(テレビ朝日系)で主役を演じ、俳優に本格転身した松坂は今や一世を風靡する人気者となっている。同じく渡邊もモデルから子供向け番組でのヒーロー役を経て俳優業の道に進もうとしているだけに松坂との共通項は確かに多い。

 

業界内に深い人脈を持つ芸能評論家兼スポーツライター・後藤茂喜氏はこう言う。

 

「ただ、事務所側は『第2の松坂桃李』という声について多少ナーバスになっているそうです。要はその声を受け入れて踏襲しながら同じように育成してしまうと渡邊が”松坂のコピー”として扱われかねない。それは避けたいというのが事務所サイドの考え。そこで今後の売り出し方として注目しているのが”任侠路線”です。実は渡邊本人が『”任侠モノ”が凄く好きなので、そういう役柄にも挑戦したいです』と公言していることから、そこを尊重する形で事務所側も前面に打ち出していく方針を固めつつあるようですね。すでにハードボイルド路線の映画でメガホンを取ることに長けているビートたけし監督ら巨匠にもアプローチをかけ、渡邉の売り出しを図ろうとしているとも聞きます」

 

“脱・松坂コピー”で飛躍の時を迎えるか。『仮面ライダージオウ』は終盤に差しかかっていることから、渡邊のネクストステージが注目される。

 

WRITER

  • 四海方正
  •        

  • 芸能、スポーツをメインに取材活動を続けているライター

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ