『偽装不倫』 主人公が婚活を辞めた理由に「わかる!」と共感の渦

fumumu

2019/7/18 13:00


現在放送中のドラマ『偽装不倫』(日本テレビ系)。17日に放送された第2話で主人公が婚活をやめてしまった理由に共感する声が相次いでいます。

◼︎ドラマ『偽装不倫』


View this post on
Instagram


‪💍「#偽装不倫」💍‬ ‪第2話、ご覧いただきありがとうございました🙇‍♀️‬ ‪ 鐘子(#杏)と丈(#宮沢氷魚)の‬ラブラブ❤️オフショット✨‬ ‪ 次週、7月24日放送の第3話も‬お楽しみに🎵‬  #日テレ #水ドラ‬ ‪#YLAB #LINEマンガ #文藝春秋‬ ‪#東村アキコ‬ ‪  【公式HP】‬ ‪https://www.ntv.co.jp/gisouhurin/‬

A post shared by 【公式】偽装不倫 毎週水曜よる10時! (@gisou_ntv) on Jul 17, 2019 at 7:00am PDT

ドラマ『偽装不倫』はこのようなストーリー。主人公・濱鐘子(杏)は、両親と優等生の姉・葉子(仲間由紀恵)夫婦との二世帯住宅に住んでいる独身の派遣社員。3年間婚活をするも上手く行かず、婚活をやめようとしていた。

そんな鐘子の趣味は旅行。ある日、姉の服を借りて博多へ1人旅行へ出かけた際、飛行機の中で指輪を落としてしまう。

指輪を拾ったのは年下の帰国子女イケメンカメラマン・伴野丈(宮沢氷魚)!

その時、鐘子は指輪は結婚指輪で自分は「人妻」だと咄嗟に嘘をついてしまう。「人妻」として丈に接していくうちに2人は恋に落ちていくー。

◼︎婚活をやめたわけ


なかなか真実を告げることができない鐘子。丈と接するうちに今までしてきた恋とは違うことを確信していきます。

17日の放送では自身の婚活シーンを回想する場面が。

今まで婚活パーティーに知り合った相手と連絡先を交換して、悪い人じゃなさそうだったら食事に行く。自分を美しく見せるために化粧をして、店に行くと好きでもなんでもない相手が座っている。

「全くときめきのない相手にサラダを取り分けるときのあの頭がグラグラする感じ。私はあれが嫌で婚活をやめた」

婚活で知り合った相手と丈といるときでは全く違う。鐘子は丈が「好きだ」と強く思うようになるのです。

◼︎「わかる!」と共感の嵐


この鐘子の心の声に多くの人々が共感する声が殺到。









「わかる、わかる~!」「自分も同じ」と視聴者も鐘子と同じ経験したことがある様子。

「自分は一体何をしているのだろう」とどこが虚しくなってしまう。出会いを求めている人々の心の叫びを代弁した場面でした。

丈のことを本気で好きになってしまった鐘子。彼に”既婚者であることは嘘”だということはできるのか⁉︎ この場面を見て俄然彼女のことを応援したくなった人もいるはず。これからのドラマの展開に注目です!

・合わせて読みたい→婚活でつまずく女子「3つの特徴」気付かないと一生独身かも?

(文/fumumu編集部・吉田あやの)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ