ドーナツとロールケーキが合体!ミスド×堂島ロール『堂島ローナツ』は、特性ミルククリームが絶品!

mamaPRESS

2019/7/17 21:00

お手頃ながらもご褒美感を与えてくれるワンコインスイーツは、家事育児に仕事…と慌ただしい日々を乗り切るための、私の貴重な活力源だ。

今日は会社帰りに足を伸ばして、隣駅の『ミスタードーナツ』へ。ミスドはしばらくご無沙汰してたけど、最近あの『堂島ロール』とコラボした新商品が発売されていて、SNSでは「すでに売り切れ」「入手困難」との書き込みも見られるほどの人気ぶり!

私も堂島ロールファンのひとりとして、これはチェックせずにはいられない…!

ミスド×堂島ロール『堂島ローナツコレクション』が登場!







7月5日より発売されている『堂島ローナツコレクション』は、ミスドの夏季限定商品として“クリーム”をテーマに開発された全5種類のドーナツシリーズ。

夏でも食べやすい“軽いクリーム”を開発するために、クリームに定評のある人気パティスリー『Moncher(モンシェール)』と共同開発したコラボ商品です。






モンシェールの看板商品といえば、大胆にもクリームだけをひと巻きに包んだ『堂島ロール』。北海道産の生乳などを独自にブレンドしたこのクリームはとにかく超絶品で、フルーツなどの具材がなくても十分大満足できてしまうおいしさ。

そんな堂島ロールとのコラボで誕生した『堂島ローナツコレクション』は、堂島ロールと同じくクリームが主役の、“クリームを楽しむためのドーナツ”なのです!

夏にも食べやすい、軽い口どけのミルククリームがたっぷり!


ミスド×堂島ロール『堂島ローナツ』

同シリーズの中でも、看板商品といえるのがこの『堂島ローナツ』(税込216円)。

主役のクリームは北海道産牛乳を17%使用した軽い口どけのなめらかなミルククリームで、このコラボ商品のために特別に開発されたものなのだとか。

ミスド×堂島ロール『堂島ローナツ』

表面に貼られた透明フィルムを剥がすと、ふんわりとしたロール生地の中央にクリームがたっぷり!

『堂島ローナツ』は2段構造になっていて、下段がドーナツという斬新な設計。ドーナツ生地には一部ホワイトチョコがコーティングされています。

ミスド×堂島ロール『堂島ローナツ』

クリームはドーナツの穴部分までたっぷり詰め込まれていてテンションUP♪

さっそくクリームだけ食べてみると…おぉ! さらっと舌に溶けるなんとも軽い口当たり! ミルク感が強くさっぱりしていて、堂島ロールのクリームにかなり近い感じです。

周りを包むロール生地はややカステラに近いけど、パサつきもなく密度のしっかりとしたふんわり生地。下段のドーナツ生地はドーナツ特有の油っぽさがまるでなく、ロール生地に比べてややサクッとした軽い口当たり。卵感のあるやさしい甘みも感じられます。

クリームとロール生地、ドーナツを一度にあわせて食べると、個性の異なる生地同士がなめらかなミルククリームによって見事にまとまるのがお見事!

さらに、ほんのりとした生地の塩気がクリームの甘みをより引き立てていて、ときおり現れるドーナツのチョココーティングは味にリッチさをプラスしてくれます♪

冷やしてもおいしい!


ミスド×堂島ロール『堂島ローナツ』

『堂島ローナツ』はなんと冷やして食べてもおいしいとのことで、こんな食べ方の説明書きも同梱されていました。そこで、せっかくなので半分は“ひんやりローナツ”を試してみることに。

冷蔵庫で待つこと1時間強。冷やすとドーナツのチョココーティングがパリッと固まるからか、生地の食べごたえとリッチさがよりUPするように感じます。ひんやりしたクリームもまたおいしい…! でも個人的には、クリームのミルク感や生地との調和をより楽しめる“常温”で食べるのほうが好みかな。

全5種類からなる『堂島ローナツコレクション』、お値段は162~216円とどれも超リーズナブルなうえ、カロリーも250kcal前後と思ったほど高すぎないのも嬉しいポイント。夏休みに子どもと食べるおやつとしてもぴったりだと思います♪

販売期間は9月上旬までのようですが、順次販売終了予定とのことなので、気になる方は早めにお店に行ってみてみてくださいね!

ご褒美度  :★☆☆

罪悪感のなさ:★★☆

コスパの良さ:★★★

参照/

ミスタードーナツ「堂島ローナツコレクション」

PR TIMES「【ミスタードーナツ】7月5日(金)から『堂島ローナツコレクション』期間限定販売」

▼『ご褒美ワンコインスイーツ』連載一覧はこちら

当記事はmamaPRESSの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ