伝説を体感する!「QUEEN-HEAVEN-」がプラネタリア TOKYOで上映

めるも編集部

2019/7/20 06:25

 

世界中で大ヒットした映画『ボヘミアン・ラプソディ』が記憶にも新しい、イギリスの伝説的ロックバンド QUEEN。

今なお世界中の人々を魅了している彼らの楽曲が全編に使われた、全天周の映像作品「QUEEN-HEAVEN-」が、2019年7月20日(土)より「コニカミノルタプラネタリア TOKYO」(以下 プラネタリア  TOKYO)にて上映されます。

 

 

世界各国でロングラン公演される「QUEEN-HEAVEN-」とは?

 

 

フレディ・マーキュリーの没後に制作され、18年を経た現在でも世界各国で上映されている「QUEEN-HEAVEN-」。

この作品は、QUEENのギタリストで天文学者でもあるブライアン・メイ監修のもと、2001年にドイツで制作されました。映像に合わせたレーザー演出が加えられるなど、進化をとげながら上映され続けています。

 

体全部でQUEENを感じる“フルドーム・ミュージックショー”

 

「QUEEN-HEAVEN-」が日本で初上映は、今年2019年の3月。名古屋市科学博物館でのことでした。

プラネタリアTOKYOで行われる上映では、映像に合わせたライティング演出も加えられ“フルドーム・ミュージックショー”としバージョンアップ。

ブライアン・メイを案内役に、本人たちの姿や当時の空気を感じるような映像と光、そしてフレディ最後の歌声といわれる「マザー・ラヴ」から「ボヘミアン・ラプソディ」へと遡る19曲を、360度サラウンドで“体感”できます。

 

さらに名古屋市科学館では、映像だけでなくレーザーや光学式プラネタリウムを使用したスペシャルバージョンでのレーザーショーを 10 月 19日(土)、20 日(日)に予定しているそう。

違ったバージョンでの「QUEEN -HEAVEN-」を楽しめる、ファンにはたまらないイベントとなりそうです!

 

 

ライブ気分でQUEENの世界を楽しもう♡

 

 

プラネタリア TOKYOの上映では、施設内に併設されている「cafe planetaria」で販売している飲食物限定で持ち込みOK。グラス片手にリラックスしながら、ライブ会場にいるかのような贅沢な時間を楽しむことができます!

 

伝説は聞くだけじゃもったいない。
見て、感じて、どっぷり浸る、とっておきのショーを味わってみませんか?

 

 


「QUEEN-HEAVEN-」詳細情報

期間
2019年7月20日(土)~9月30日(月)予定

時間
約80分

場所
コニカミノルタプラネタリア
TOKYO DOME1(デジタルドームシアター)

公式サイト
https://planetarium.konicaminolta.jp/planetariatokyo/program/planetarium1/summer_19_3/

上映スケジュール
https://planetarium.konicaminolta.jp/planetariatokyo/schedule/

※曜日、時節によって上映時間が異なります。上記URLよりご確認ください。


 

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ