福島第一原発事故を描く『Fukushima 50』、緊迫の撮影現場を映した初映像解禁

クランクイン!

2019/7/17 07:00

 俳優の佐藤浩市が主演し、渡辺謙が共演する、東日本大震災時の福島第一原発事故を描く映画『Fukushima 50』より、佐藤と渡辺のコメントとメイキング、本編カットを合わせた特別映像が到着した。

【写真】『Fukushima 50』クランクアップ記者会見フォトギャラリー

本作は、ジャーナリストの門田隆将が90人以上の関係者への取材を元につづったノンフィクション『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発』(角川文庫)を原作にした人間ドラマ。2011年3月11日午後2時46分、日本観測史上最大の地震によって引き起こされた巨大津波に襲われ、未曾有の事故に苛まれた福島第一原子力発電所を舞台に、事故後も発電所に残り、事態収束のために奔走した約50名の作業員の戦いを描く。

地元・福島出身で原子炉から最も近い中央制御室(通称・中操)を指揮する1・2号機当直長、伊崎利夫役を佐藤が、福島第一原発所長の吉田昌郎役を渡辺がそれぞれ務める。そのほか、吉岡秀隆と安田成美といった日本を代表するキャストが脇を固める。メガホンを取るのは映画『沈まぬ太陽』『空母いぶき』の若松節朗。

解禁された特別映像は、メインキャストの姿を中心に、緊迫した撮影現場が映し出され、スタッフ・キャスト陣の作品へ向かい合う“緊張”と“本気”が伝わる熱量を帯びた映像に仕上がっている。

映像の中で佐藤は「忘れなければ生きて行けないことと、絶対に忘れてはいけないこと、その2つが、生きていく上で大変大事な事だと思っています」と思いを語り、渡辺は「単純に映画を創るという以上のいい意味での緊張感があります」とコメントしている。

映画『Fukushima 50』は2020年3月より全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ